道路交通法

自動運転社会の実現に必要な9つのこと

飛躍的な進化を遂げる自動運転技術。自動運転レベル3(条件付き運転自動化)やレベル4(高度運転自動化)の実現はもう目前に迫っている。一方、自動運転を実現するための社会インフラや法律の整備はどうなっているのか。 レベル3技術を持ち...

安倍首相「自動運転を段階的解禁」と宣言 現規制「時代遅れ」

2019年1月28日に召集された第198通常国会の施政方針演説で、安倍晋三首相は「段階的に自動運転を解禁する」と明言した。現在の規制や制度について「時代遅れ」と指摘した上で、「交通に関わる規制を全面的に見直す」と強調した。 安...

Abema Primeで自動運転特集 1月31日21〜23時の番組内で AI...

インターネットテレビ「Abema(アベマ)TV」のニュースチャンネル「Abema Prime(アベマプライム)」において、2019年1月31日(木)午後9時から午後11時までの2時間の番組内で、いまが旬の「自動運転」をテーマにした特...

通常国会開幕、自動運転レベル3想定の道路交通法改正案提出へ

第198通常国会が2019年1月28日に召集された。自動運転業界にとって何より注目なのは、今通常国会に自動運転レベル3(条件付き運転自動化)を想定した道路交通法の改正案が提出されることだ。 改正案は既に警察庁がパブリックコメン...

2019年:自動運転やMaaS領域におこる変化・潮流10大予測

国内ではソフトバンクとトヨタ自動車との提携や、米ウーバーや中国DiDiなどのタクシー配車サービス参入などさまざまなニュースが流れ、海外ではグーグル系ウェイモによる自動運転タクシーの実用化で幕を閉じた2018年。コネクテッドカーの普及...

自動運転を想定した道路交通法改正試案、5つのポイント レベル3でスマホ利用可...

警察庁が道路交通法改正試案に対する意見募集(パブリックコメント)を2019年1月23日までの日程で行っている。自動運転レベル3(条件付き運転自動化)相当の自動車の実用化に備えた内容になっており、業界関係者などにとっては必読だ。 ...

警察庁、道交法の改正案発表 自動運転レベル3でのスマホ利用や読書可能に

警察庁は2018年12月20日、自動運転社会の到来を見据え、道路交通法の改正案を発表した。緊急時以外はシステムが運転を担う自動運転レベル3(条件付き運転自動化)について、人が即座に運転を交代できる状況であることを前提に、スマートフォ...

安倍首相肝入り「2020年無人タクシー開始」は本当に実現するのか?

政府は2018年6月4日、総理官邸で未来投資会議を開催し、未来投資戦略2018の素案をまとめた。無人自動運転に関しては、2020年をめどに公道での移動サービスを開始し、2030年までに全国100カ所以上で展開する目標を掲げた。 【...

年間300万台規模も!? 2030年の自動運転車販売、日本市場で

政府が2018年6月にまとめる成長戦略の原案で、2030年までに国内新車販売台数の3割以上を自動運転レベル3相当の自動運転車にする目標を掲げたことが、日経新聞の報道などで分かった。2030年の日本国内の自動車生産台数は1000万台規...