走行

SLAMとはどんな技術?自動運転に必須?

自動運転業界では「SLAM」についての理解は必須だ。簡単に言えば、自動運転車が走行している際に自車の位置を把握し、地図を自動生成するナビゲーションシステムのことだ。自動運転車がさまざまな環境の中で周囲環境を判断し、走行するときに役に...

日本、自動運転タクシーはいつ実現?リアルタイムデータ解析で安全走行(深掘り!...

米ウェイモが2018年末に自動運転タクシーを商用実用化して1年余りが経過した。2019年末には無人運転も実現しており、名実ともに自動運転レベル4サービスを達成した形だ。 ウェイモに続けと言わんばかりに世界各地で実証実験が加速し...

中国・百度、自動運転車両の走行距離が200万キロ突破 国内13都市で走行

自動運転技術の開発にも力を入れている中国のネット検索大手の百度(バイドゥ)は2019年7月9日までに、同社が開発する自動運転車両の都市部における走行距離が通算で200万キロを突破したと発表した。 中国国内の13都市における実証...

コネクテッドカー買い換えで起きる「データ引き継ぎ」問題を考える

多くの利便性を提供するコネクテッドカー。本格的なサービスがスタートし、自動車メーカー各社の足並みもそろいつつある。 今後、車両状態を手軽に確認・通知するカーライフサポート分野や緊急通報などのエージェント分野、安全性を強化するセ...

関西電力やトヨタITC、電柱使う路車間通信の実証実験 全国初、自動運転社会見...

関西電力株式会社(本社:大阪府大阪市/取締役社長:岩根茂樹)は2019年1月29日までに、パナソニックやゼロ・サム社、トヨタIT開発センター(トヨタITC)とともに、滋賀県大津市で路車間通信に関する技術実証を実施すると発表した。 ...

丸紅とZMPの合弁AIRO、成田空港で自動運転の実証実験実施

丸紅株式会社(本社:東京都中央区/代表取締役社長:國分文也)と自動運転ベンチャーのZMP(本社:東京都文京区/代表取締役社長:谷口恒)の合弁企業AIRO株式会社が2019年1月28日から30日までの3日間、成田国際空港の制限区域内で...

【寄稿】ぼくの大学院生活を捧げた自動運転ミニカー製作の全て 工学院大学修士1...

2020年代に公道における自動運転の法整備やインフラ整備は一気に進む。日本、そして世界の大手メーカーからベンチャー企業までがいま躍起にやって開発を進める技術が人々にとって身近な存在となり、次世代技術の恩恵を受ける時代はもうすぐそこまで来...

完全無人の自動運転レベル4、横須賀市で乗車体験イベント 公道を時速30キロで...

人が全く介在しない無人運転の水準となる「自動運転レベル4(高度運転自動化)」の走行デモが、神奈川県横須賀市で実施される。公道を時速30キロ程度で走行するというもので、主催の事務局はこうした実証実験について「日本初」としている。 ...

「自動運転×電車」の最新動向は? 国や企業の開発・取り組み状況まとめ

公共交通における大動脈ともいえる鉄道。この鉄道に自動運転の波が押し寄せている。背景には、運転士や保守作業員など鉄道係員の確保や養成が困難になってきている点が挙げられ、鉄道事業者においてはより一層の業務の効率化・省力化が急務となってい...

トヨタのオンライン無料サービス「通れた道マップ」、自動運転への応用も期待

通行可能な道を視覚的にもわかりやすく、リアルタイムで示してくれる便利なサービスがある。トヨタ自動車が東日本大震災後に本格的に展開を始めたオンライン無料マップ「通れた道マップ」だ。ウェブ上でマップを開けば、直近24時間で通れた道を示し...