許可

自動運転と法律・ガイドライン(2022年最新版) 日本の現状は?

道路交通法(道交法)の改正などにより、自動運転を解禁する動きが加速している。世界的に自動運転を認める法改正が進んでいるが、日本政府もスピード感を持って対応しており、決して出遅れていない状況だ。 では2022年5月時点で自動運転...

国内初!自動配送ロボで遠隔監視型の公道走行許可 パナソニックが取得

自動配送ロボットの実用化に力を入れるパナソニックホールディングスは2022年4月20日までに、国内初となる完全遠隔監視・操作型(フルリモート型)の公道走行許可を取得したと発表した。 技術レベルの高度化により、実用化を見据えた取...

ドイツの「自動運転法」解説(2022年最新版)

自動運転レベル4を可能にする通称「自動運転法」が2021年7月、ドイツで施行された。2022年2月には、同法を補足する条例も可決されたようだ。 世界で加速するレベル4実現に向け、先行するドイツの自動運転法とはどのようなものか。...

自動運転許可、米加州で初の「停止」 トヨタ出資の中国Pony.ai、衝突事故...

米カリフォルニア州の車両管理局(DMV)は2021年12月14日までに、過去初めて自動運転の実験許可を停止する措置を発表した。 停止したのは、中国企業Pony.aiの「無人テスト(Driverless Testing)」の許可...

百度、北京経済技術開発区で自動運転タクシーを商用展開へ

中国のIT大手・百度(Baidu)は2021年11月24日、北京当局から自動運転タクシーの公道での商用運行許可を取得したを発表した。 今回の商用運行許可は、「北京ハイレベル自動運転実証区」(BJHAD)が承認したもので、百度は...

ドイツの「自動運転法」を徹底解説 データは13項目保存を義務化

ドイツ連邦議会は2021年5月、自動運転レベル4を可能とする道路交通法改正法案を下院、上院それぞれで可決した。先進国の中でいち早く法整備を進めた格好だ。 この記事では、いわゆる「自動運転法」と言われるドイツの改正道路交通法の中...

中国の自動運転ベンチャーWeRideがアクセル全開!買収、資金調達、試験許可...

中国の自動運転開発スタートアップであるWeRide(文遠知行) は2021年8月3日までに、物流業界向けの自動運転技術開発を手掛けるMoonX(牧月科技)を買収し、子会社化したことを発表した。 WeRideは2021年に入って...

北京、上海、深セン・・・中国の自動運転タクシー最新事情まとめ

この数年間で自動運転大国として一気に頭角を現した中国。自動運転タクシーなどのサービス実証は各市に波及し、社会実装に向けた取り組みが盛んに行われている。 この記事では、中国における自動運転タクシーの取り組み状況を都市別に解説して...

百度の完全無人自動運転タクシー、「中国全土制覇」の現実味

中国IT大手の百度(バイドゥ)は2021年5月13日までに、運転席無人の自動運転タクシーを北京でローンチした。実験的に無料でサービスを行うのではなく、乗客からはしっかりと運賃をとる。運転席無人の自動運転タクシーサービスを有料提供する...

カリフォルニア、自動運転で続々「完全無人」許可!6社目は百度

米カリフォルニア州で「完全無人」による自動運転での公道試験走行の許可が次々と出されており、2021年1月に認可を受けた中国・百度(バイドゥ)で6社目となった。 カリフォルニア州の車両管理局(DMV)では、セーフティドライバー付...