自動運転トラック

自動運転トラック、輸送工程の90%を無人化 ミシガン大学最新調査

アメリカで長距離トラック輸送の90%が、将来、自動運転トラックに取って代わる可能性があるという新たな研究結果が、ミシガン大学からこのほど発表された。この90%という割合は約50万人の雇用に相当するという。 この調査結果について...

自動運転が可能な車種一覧(2022年最新版)

自家用車における「自動運転レベル3」の搭載をはじめ、レベル4移動サービスの実用化も世界各地で進展している。市販車ベースのものからオリジナル車両まで多彩なモデルが出揃い始めた。 この記事では、実証を含む自動運転サービスなどに用いられてい...

世界初の自動運転オフロードトラックに挑む!米Pronto AIが米Bell ...

オフロードトラックメーカーの米Bell Trucks Americaは2022年3月9日までに、自動運転技術を開発する米Pronto AIとパートナーシップを結んだ。世界初の自動運転オフロードトラックを実現するためだ。 Bel...

自動運転トラックの開発企業・メーカー一覧(2022年最新版)

高まり続ける物流需要を背景に、世界的にドライバー不足が深刻化している。その救世主として期待されているのが自動運転技術だ。ADAS(先進運転支援システム)導入による運転負担軽減や隊列走行、自動運転レベル4(高度運転自動化)による無人化...

TrunkTech、中国×自動運転トラックで大本命!?120万キロという累計...

自動運転トラックを開発する中国の「TrunkTech」(主線科技)は2022年2月21日までに、高速道路用に開発した自動運転トラックの累計輸送距離が120万キロを突破したと発表した。 同社は、中国EC大手JDドットコム(京東集...

自動運転と中国の一帯一路、無人トラックが超広域物流で活躍

中国主導のもと、ユーラシア大陸で進められている「一帯一路」。大陸を網羅する陸路・海路を整備し、人の移動やモノの輸送を高効率化し広域経済圏を形成する一大プロジェクトだ。 陸路の総延長は1万キロを軽く超える規模となる。島国の日本か...

自動運転トラック開発のTuSimple、米最大の貨物鉄道会社を顧客に

自動運転トラックの開発を手掛ける中国系企業TuSimple(図森未来)は2022年2月8日までに、アメリカ最大級の貨物鉄道会社であるUnion Pacific(ユニオン・パシフィック)を顧客として獲得したことを発表した。 Tu...

高速道から直接、自動運転トラックが出入り?次世代物流拠点、2026年に誕生か...

世界で開発が加速している自動運転トラック。関連ニュースはアメリカ発や中国発のものが多いが、先日、日本発のプレスリリースで自動運転トラックに関するものがあった。 2022年2月3日、東急不動産株式会社(本社:東京都渋谷区/代表取...

中国系自動運転トラック企業が次々誕生!Qingtian、新顔ながら早速資金調...

自動運転トラックを開発する中国のスタートアップ企業Qingtian Truck(擎天智卡)が約1,000万ドル(約11億5,000万円)の資金調達を行ったことが、2022年2月7日までに明らかになった。中国メディア36Krの日本版「...

自家用レベル4計画が明らかに!2022年1月の自動運転ラボ10大ニュース

幕を開けたばかりの2022年だが、自動運転業界では早々にビッグニュースが飛び交っている。海外では、ボルボ・カーズがレベル3の販売計画を明らかにしたほか、モービルアイは自家用向けレベル4車両の開発計画を発表した。 国内では、国会...