自動運転トラック

自動運転トラック、反対派多数の米カンザス州で走行許可

小型・中型トラックの自動運転技術開発を手掛ける米スタートアップのGatik(ガティック)は2022年5月25日までに、米カンザス州で完全無人の自動運転トラックを走行させる予定だと明らかにした。 同州の規制当局がGatikに対し...

2030年の自動運転(2022年最新版)

局所的ながらも実用化が始まった自動運転技術。2020年代には裾野を大きく広げ、同技術を活用したさまざまなサービスが社会に浸透していくことが予想される。自動運転時代の幕開けだ。 では、節目となる2030年はどのような社会となって...

韓国ベンチャーMars Auto、自動運転トラックを2023年に商用化へ

韓国の自動運転トラックベンチャーであるMars Autoの存在感が徐々に高まっている。2017年10月に創業した企業で、2023年に自動運転トラックを商用化する計画を立てている。 同社が自動運転トラックのテスト走行に初めて成功...

自動運転、公道(一般道・高速道路)でいつから可能に?(2022年最新版)

2021年春、渋滞運転機能「トラフィックジャムパイロット」を搭載したホンダ「レジェンド」が発売され、高速道路における自動運転レベル3の実用化がスタートした。速度制限などあるものの、自家用車における自動運転の幕開けだ。 一方、一...

「眠くなるルート」こそ自動運転トラック!米Auroraの事例から

自動運転トラックが部分的に導入される未来では、人間が眠くなるような退屈で単調な長距離路線は自動運転トラックが、一方で都市部などの複雑な輸送ルートは手動トラックが、といったすみ分けが行われるかもしれない・・・・・・。 そんなこと...

自動運転、アジアの最新事情(2022年最新版)

世界各地で実用化に向けた取り組みが進む自動運転技術。アジアでは、中国を筆頭に開発が加速し、技術水準は先行する米国に肩を並べる域に達している。 この記事では、アジア各国の取り組み状況について解説していく。 ■日本 レ...

SpaceXに投資する日本のAngel Box、米自動運転トラック企業にも出...

イーロン・マスク氏が率いるSpaceXにも出資する日本のベンチャーキャピタル(VC)「Angel Box」は2022年4月21日までに、自動運転トラック技術を開発する米Locomationへ出資したことを発表した。 ■トラックの隊...

自動運転、日本政府の実現目標(2022年最新版)

社会実装に向けた取り組みが加速し続ける自動運転技術。国は2015年度から毎年「官民ITS構想・ロードマップ」を策定し、早期実現に向けた計画のもと官民協働体制で事業を推し進めている。 2022年4月時点で、計画の進捗状況はどうなっている...

自動運転、アメリカにおける「3大州」は隣り合っている

自動運転開発で世界をリードする存在ともいえる米Google系Waymo。そのWaymoの自動運転タクシーの有料サービス「Waymo One(ウェイモワン)」が世界で初めて商用化されたのは、米国の「アリゾナ州フェニックス」だ。 ただし、...

トヨタが提携のAurora、自動運転で「テキサスUターン」もクリア

トヨタが提携している米Aurora Innovationは2022年4月5日までに、トラック向けの自動運転システム「Aurora Driver Beta 2.0」を発表した。 報道発表によれば、従来のシステムと比べ、高速道路や...