自動運転シャトル

ドイツの「自動運転法」を徹底解説 データは13項目保存を義務化

ドイツ連邦議会は2021年5月、自動運転レベル4を可能とする道路交通法改正法案を下院、上院それぞれで可決した。先進国の中でいち早く法整備を進めた格好だ。 この記事では、いわゆる「自動運転法」と言われるドイツの改正道路交通法の中...

仏EasyMileの自動運転シャトル、「レベル4」での運行の考え方

警察庁所管の「自動運転の実現に向けた調査検討委員会」はこのほど、自動運転関連の事業を対象に課題や要望に関するヒアリングを実施した。 この中で、自動運転シャトルを開発する仏スタートアップのEasyMileは、自動運転レベル4(高...

VWとArgo AI、2025年からID.Buzzで自動運転シャトル展開へ

独VW(フォルクスワーゲン)と自動運転ベンチャーの米Argo AIは2021年9月10日までに、共同開発している自動運転の商用バンを今後4年間にわたってテストし、2025年には商用化する計画を明らかにした。 開発している商用バンは「I...

【独占インタビュー】新時代は「サービスを運ぶ」!MONET Technolo...

トヨタとソフトバンクの共同出資会社として2019年2月に事業を開始し、2年半が経過したMONET Technologies株式会社(モネ・テクノロジーズ)。独自に立ち上げた企業横断型のコンソーシアムにはすでに600社以上が加盟し、モ...

自動運転「トヨタがホンダに敗北」は大誤解!市販車で「日本一」譲るも…

ホンダが自動運転レベル3搭載の新型レジェンドを発売して5カ月が過ぎた。他社の動向が気になるところだが、国内勢では今のところ追随する動きはなく、自家用車における自動運転はホンダの独壇場となっている。このままホンダが独走し、トヨタは後塵...

年23%成長の半自律・自律バス市場!「トヨタ vs GM vs 新興勢」の自...

「半自律型バス」と「自律型バス」の市場は2020〜2027年にCAGR(年平均成長率)23.1%以上の成長が見込まれていると、市場調査レポートプロバイダーのReport Oceanが2021年7月15日までに発表した。2019年は約...

トヨタ、米国で自動運転シャトルの無料運行開始 May Mobilityと連携...

トヨタ自動車が設立した一般財団法人「トヨタ・モビリティ基金(TMF)」は2021年6月29日までに、自動運転シャトルを開発するスタートアップ企業である米May Mobility(メイ・モビリティ)とともに、米インディアナ州で無料自動...

自動運転バス×データを考える BOLDLYとWestern Digitalが...

自治体で初めて自動運転バスの定常運行を2020年11月から開始している茨城県境町。この自動運転バスの運行業務を担っているのがソフトバンク子会社のBOLDLY(ボードリー)だ。 地方都市などにおける公共交通機関の存続の「切り札」...

Mobileye快進撃、トヨタも射止めた!ADASや自動運転車へのEyeQ採...

インテル傘下のMobileye(モービルアイ)と独自動車部品大手ZFは、トヨタの複数のプラットフォーム向けのADAS(先進運転支援システム)開発ベンダーに選ばれたと発表した。今後数年のうちにADASソリューションの提供や搭載が始まる...

高速バス大手、自動運転への挑戦 WILLERの取り組みをたどる

自動運転分野において、高速バス大手WILLERの取り組みが光っている。MaaSに力を入れる一方、交通事業者としては異例とも思われる海外での自動運転実用実証や、自動運転開発を手掛ける海外有力企業とのパートナーシップなど、移動革命に向け...