自動運転シャトル

【2023年1月の自動運転ラボ10大ニュース】レベル3~4計画が次々

2023年が幕を開けたばかりだが、自動運転に意欲的な各社の動きが早くも活発化している。海外では、モービルアイやボルボ・カーズ、メルセデス・ベンツなどが自動運転実装に向けた取り組みや計画をそれぞれ発表している。 国内では、タクシ...

英国の道路渋滞、自動運転車の普及で85%悪化!?

自動運転車が普及することにより、道路渋滞が85%増となるーー。そんな驚きの調査結果が英国で発表された。 英運輸省の報告書によると、2047年までに車の半分が自動運転車やコネクテッドカーとなる可能性があり、またEV(電気自動車)...

米中びっくり!フランス勢「自動運転シャトル」で存在感

「自動運転先進国」と聞いて思い浮かべる国はどこだろうか。多くの人は米国や中国を思い浮かべるのではないだろうか。日本やドイツも法整備などの環境面で先行しており、今後の躍進に大きな期待が寄せられるところだ。 では、フランスを思い浮...

自動運転MaaS、Mobileyeが「2028年に35億ドル」の収益目標

米インテル傘下のイスラエル企業Mobileyeは、同社の自動運転MaaS事業について、2028年までに35億ドル(約4,600億円)の収益を創出する計画であることを明らかにした。 Mobileyeは2024年から北米の公道で完...

実はトヨタも「自動運転車」をいつでも発売できる!?

乗用車の自動運転車の発売ではホンダが、自動運転シャトルでは仏Navyaなどが有名だ。トヨタの名前はあまり聞かない。しかし、実はトヨタも自動運転車を発売しようと思えばいつでも発売できるのに、あえてしていないだけという説がある。 ...

トヨタは勝てる?自動運転シャトルで「フランス最強説」

世界各地で実用化に向けた取り組みが加速する自動運転サービス。中でも、特定路線を走行する比較的小型の自動運転シャトルは導入のハードルが低く、自動運転技術の実装に向けた取り組みの中でも人気が高い。世界各地で実証やサービス化が進められてい...

スコットランド、乗客を乗せた自動運転シャトルが初運行

世界各国で社会実装が進む自動運転バス。イギリス北部スコットランドでもこのほど、乗客を乗せての自動運転シャトルバスの運行が実験的に始まった。同国ではこれまでも自動運転シャトルの実証実験が行われていたが、乗客を乗せての運行は今回が初とな...

自動運転の歴史と現状(2022年最新版)

本格実用化に向けた取り組みが世界各地で進展する自動運転技術。21世紀前半をけん引する新産業として2010年以降開発競争が激化しており、自動運転タクシーも2018年に入って実用化されたが、その開発の歴史は思いのほか古い。 この記...

自動運転の現在のレベルは?

自家用車や商用車、ロボットなど多方面で実用化が進む自動運転技術。各分野の開発・実用化はどのような状況となっているのか。 この記事では、自家用車、自動運転バスやタクシーなどの移動サービス、自動運転トラックによる輸送サービス、自動...

2030年の自動運転(2022年最新版)

局所的ながらも実用化が始まった自動運転技術。2020年代には裾野を大きく広げ、同技術を活用したさまざまなサービスが社会に浸透していくことが予想される。自動運転時代の幕開けだ。 では、節目となる2030年はどのような社会となって...