自動運転シャトル

トヨタは勝てる?自動運転シャトルで「フランス最強説」

世界各地で実用化に向けた取り組みが加速する自動運転サービス。中でも、特定路線を走行する比較的小型の自動運転シャトルは導入のハードルが低く、自動運転技術の実装に向けた取り組みの中でも人気が高い。世界各地で実証やサービス化が進められてい...

スコットランド、乗客を乗せた自動運転シャトルが初運行

世界各国で社会実装が進む自動運転バス。イギリス北部スコットランドでもこのほど、乗客を乗せての自動運転シャトルバスの運行が実験的に始まった。同国ではこれまでも自動運転シャトルの実証実験が行われていたが、乗客を乗せての運行は今回が初とな...

自動運転の歴史と現状(2022年最新版)

本格実用化に向けた取り組みが世界各地で進展する自動運転技術。21世紀前半をけん引する新産業として2010年以降開発競争が激化しており、自動運転タクシーも2018年に入って実用化されたが、その開発の歴史は思いのほか古い。 この記...

自動運転の現在のレベルは?

自家用車や商用車、ロボットなど多方面で実用化が進む自動運転技術。各分野の開発・実用化はどのような状況となっているのか。 この記事では、自家用車、自動運転バスやタクシーなどの移動サービス、自動運転トラックによる輸送サービス、自動...

2030年の自動運転(2022年最新版)

局所的ながらも実用化が始まった自動運転技術。2020年代には裾野を大きく広げ、同技術を活用したさまざまなサービスが社会に浸透していくことが予想される。自動運転時代の幕開けだ。 では、節目となる2030年はどのような社会となって...

トヨタを惹き付ける自動運転企業May Mobility、ブリヂストンからも出...

ブリヂストンのグループ会社である米ブリヂストン・アメリカスはこのほど、自動運転シャトルを開発するスタートアップ企業の米May Mobility(メイ・モビリティ)へ少数株主として出資し、提携することを発表した。 ■自動運転...

サービス売上が139%増!自動運転向けLiDAR開発の米Luminar

LiDAR開発で注目を集める米Luminar Technologies。2021年通期の売上高は前期比128.9%増の3,194万4,000ドル(約38億7,000万円)まで増えた。2022年3月24日までに行われた決算発表で明らか...

自動運転シャトルの製造企業、「販売後」にも商機!メンテや有料オプションで

世界各地で実用化の動きが加速している自動運転技術。自動運転車そのものの市場化はすでに始まっており、付随するLiDARなどをはじめとする「製品」のビジネス化が大きく動き出している。 その一方、自動運転に関連する各種サービスのビジ...

「サービス売上」の伸び鮮明!自動運転シャトルの仏NAVYA、前年比23%増

ハンドルのない自動運転シャトル「ARMA」を開発する仏NAVYAは2022年3月16日までに、2021年の業績を発表した。 2021年の売上高は前年比5%増の1,016万ユーロ(約13億2,000万円)。売上高の内訳は「車両部...

自動運転レベル4、いつから解禁?

世界各地で着々と実用化が進められている自動運転技術。日本国内でも自動運転レベル4を可能にする改正道路交通法が閣議決定され、今国会で可決される見通しだ。 社会実装が間近に迫りつつあるレベル4は、いつ解禁されるのか。この記事では、...