物流

自動運転、2020年の業界展望を大予測!レベル3新車、国内でも?宅配ロボが公...

2019年も残すところ2カ月を切り、2020年の足音が大きくなってきた。果たして、2020年は自動運転業界にどのような変化が起こるのか。 自動運転ラボは今年も自動運転の専門メディアとしてさまざまな業界トピックスを推敲し、記事と...

ルート最適化AI開発のオプティマインド、トヨタなどから10億円を資金調達

名古屋大学発のAIスタートアップ企業である株式会社オプティマインド(本社:愛知県名古屋市/代表取締役社長:松下健)は2019年10月25日までに、事業開発段階の「シリーズA」の調達ラウンドで、トヨタ自動車などから総額約10億1300...

自動運転、ゼロから分かる4万字まとめ

高度な自動運転機能を備えたタクシー事業の実用化が米国で始まり、日本国内においても、日に日に自動運転の実用化が近付いてきているのを感じる。技術開発の高度化とともに法整備も進み、2020年には世界各地で自動運転レベル3、レベル4の実用化...

MONET軍団、瞬く間に400社!自動運転やMaaS領域、異業種続々 進むト...

ソフトバンクとトヨタ自動車が設立したMONET Technologies(モネ・テクノロジーズ)が展開する、モビリティ領域の革新を目指す企業間連携組織「MONETコンソーシアム」への異業種からの参加が相次いでいる。2019年3月末の...

後続車が自動運転化へ!トラック隊列走行、3つの技術段階

政府は、高速道路におけるトラックの「隊列走行」の実用化を目標に掲げている。目標の実現時期は2020年だ。 この隊列走行には、技術レベルに合わせて3つの段階が存在する。国の検討会で使用された自動車工業会(自工会・JAMA)の「資...

ラストワンマイルのドライバーをサポート!人手不足で激務化、育成事業も

「ラストワンマイル」で搬送を頑張るドライバーたちをサポート・育成しようと、一般社団法人ラストワンマイルドライバーズ(本社:福岡県福岡市:会長:古森敬三)が設立され、このほど業務を開始した。 物流業界は人手不足が深刻化している。...

自動運転ロボ、最適化…ラストワンマイルに挑む新興企業まとめ

自動運転開発企業などから熱い視線が送られている物流分野。とりわけ、労働力不足や小口多頻度化により業務の効率化が必須とされるラストワンマイルには多くの企業が注目し、新たなビジネスモデルの構築に躍起となっている。 特に活躍が目立つ...

自動運転トラック使う「隊列走行」、国交省が高速道に専用拠点

物流業界では人手不足が深刻可している。さらに追い打ちをかけるように、EC(電子商取引)の需要は高まるばかり。物流業界は将来どうなってしまうのか...。こんな不安を抱えている人も業界の内外で少なくないだろう。 いまこうした業界の...

日野とHacobu、オープンな物流情報基盤を形成へ コネクテッド分野で協力

IoTやクラウドを活用したオープン物流情報プラットフォームの形成に向け、日野自動車(本社:東京都日野市/代表取締役社長:下義生)と物流情報プラットフォーム事業を手掛ける株式会社Hacobu(ハコブ、本社:東京都港区/代表取締役:佐々...

自動運転普及は人の移動(車)よりモノの移動(配送ロボ)から、その理由は?

自動運転技術を活用した移動サービスは、大きく二つに分けることができる。「人の移動」と「モノの移動」だ。これらのサービスの実現においては共通する部分も多いが、技術要件の違いなどから全く異なった性質も見え隠れする。 また、それぞれ...