渋滞

あの映画の影響…!?空飛ぶクルマの認知度、「70代以上」首位

リスクコンサルティング会社のMS&ADインターリスク総研(本社:東京都千代田区/代表取締役社長:中村光身)は2020年10月11日までに、「空飛ぶクルマの社会的受容性等に関する調査」を実施し、その結果を発表した。 この調査は、空飛ぶク...

MaaSは2つのジグソーパズル ピースは「交通事業者」と「情報」

MaaS(Mobility as a Service)とは一言でいえば、さまざまな移動手段の検索・予約・決済をワンストップで行うことができるアプリやサービスのことを指す。加えて、宿泊施設やイベントなどの検索・予約・決済もできるように...

ハッキングされた自動運転車が事故!誰の責任?

自動運転車の事故については、日本国内でも世界レベルでもさまざまな議論が行われたきた。自動運転では運転操作をシステムに任せる。そのため、そのシステムが事故の要因を作った場合は誰が責任を負うべきか、さまざまな意見が出ている。 いま...

自動運転を「イラスト・図解」で学ぶ!国の資料から

自動運転——。有望な事業領域として注目を集めつつあるが、まだ馴染みが薄い人も多いはずだ。そんな人が自動運転について理解を深めるには、関連情報についてイラスト化された資料などが役に立つ。 この記事では国などが作成したイラストや図解が掲載...

長安汽車、自動運転レベル3搭載車を量産へ 「中国初」と発表、レベル4は202...

中国の大手自動車メーカーの重慶長安汽車は、自動運転レベル3(条件付き運転自動化)の車両を2020年3月から量産すると発表した。同社は報道発表で「中国初」としている。 時速40キロ以内の渋滞時に車の自動運転を実現し、運転手の手・...

eVTOLとは?「空飛ぶクルマ」の類型の一つ、開発盛んに

eVTOLとは「electric Vertical Take-Off and Landing」の略で、「イーブイトール」と読む。直訳すると「電動垂直離着陸機」で、文字通り地面から垂直に離着陸可能な機体のことを示す。 eVTOL...

自動運転、読んでおきたい論文15選

自動車業界のみならず多方面から参入が相次ぐ自動運転分野。学術界からも高い関心を集めているようで、論文公開サイトなどには多数の論考がアップされている。 そこで今回は、国立研究開発法人科学技術振興機構 (JST)が運営する電子ジャ...

MaaSのサービス設計、展開エリアの実態を踏まえよ モビリティ実態調査から考...

マーケティングリサーチ会社の株式会社クロスマーケティング(本社:東京都新宿区/代表取締役社長:五十嵐幹)は2020年1月19日までに、全国20〜79歳の男女1800人を対象にインターネットで実施した「モビリティに関する実態調査」の結...

あなたの渋滞イライラ、コネクテッドカーが解消 そのわけは?

渋滞は誰でもイライラするもの。コネクテッドカーが普及すれば渋滞を避けたルートどりなどが可能になり、あなたがイライラすることも少なくなるかもしれない。 コネクテッドカーが普及すると、クラウドが各車両からさまざまな交通データを収集...

渋滞の経済損失は12兆円!住友商事、オンデマンドバスで解決に乗り出す

国土交通省によれば、日本全国における渋滞による経済損失は年間で12兆円にも上るという。この渋滞を緩和させるために有効な手段の一つが「オンデマンドバス」だとされている。需要が高まるときに効率的に運用されるようになれば、移動需要の総量は...