日産(Nissan)

日産の自動運転戦略については「日産の自動運転・ADAS技術を解説」から確認することが可能です。

自動運転、米国株・日本株の銘柄一覧(2022年最新版)

自動運転技術の実用化に伴い、LiDAR開発をはじめとした関連スタートアップの上場が相次いでいる。自動運転の市場化が本格化の兆しを見せ始めているのだ。 この記事では2022年5月時点の情報をもとに、自動車産業の主役として自動運転...

「手放し運転」が可能な車種一覧(2022年最新版) ハンズオフ機能とは?

自動運転技術の進化が著しいが、一般乗用車におけるADAS(先進運転支援システム)もしっかりと進化を遂げている。現在、目玉となっているのは高度なレベル2に相当するハンズオフ機能だ。 この記事では2022年4月時点の情報をもとに、...

日産の自動運転戦略(2022年最新版) プロパイロット2.0の強みは?

日産自動車は、自動運転レベル2(部分運転自動化)の技術を「Pro PILOT(プロパイロット)2.0」として、一部市販車に搭載している。高速道路でのハンズオフ運転を可能にする機能で、2019年9月から搭載がスタートしている。 ...

自動運転向けマップ活用事例、DMPの実績を紐解く

自動運転に必要な情報インフラの1つである自動運転向けマップ。自動運転向けマップについては、すでにさまざまな活用事例がある。高精度3次元地図大手のダイナミックマップ基盤(DMP)が公式サイトで公開している5つ実績から、活用事例を紹介し...

自動運転向け地図・マップ解説(2022年最新版) 開発企業は?

自動運転レベル3の実用化をはじめ、高度な運転支援を実現するレベル2+など、高精度3次元地図を活用する事例が出始めている。レベル4においても、ODD(運行設計領域)ごとにマッピングした地図が一般的に活用されている。 この記事では...

自動運転タクシーとは?(2022年最新版)

米Waymo(ウェイモ)の商用サービス実施を皮切りに、現実味を帯びてきた自動運転タクシー(ロボットタクシー)。ドライバー不在の自動運転タクシーが当たり前のように客を乗せて市街地を走行する光景も、近い将来、当たり前のものとなっていくは...

ダイナミックマップとは?(2022年最新版) 自動運転向け地図、トヨタの動き...

自動運転業界では、一定条件下で自動運転が可能なレベル3の市販車が発売され、いよいよ自動運転時代の幕開けといった様相を呈している。レベル3はまだ運転手を必要とするが、次のフェーズであるレベル4では特定エリアでAI(人工知能)が全ての運...

自動運転業界、「超大手×スタートアップ」の連携加速

実用化に向けた取り組みが加速の一途をたどる自動運転業界。新進気鋭のスタートアップが次々と頭角を現し、業界地図を毎年のように書き換え続けている。 自動車業界の主役である大手自動車メーカーをはじめ、テクノロジー企業やEC・小売など...

自動運転レベル3とは?定義は?ホンダ、トヨタ、日産の動きは?

日進月歩で進化を続ける自動運転技術。ハンズフリー運転を可能にする高度な自動運転レベル2(部分運転自動化)搭載車が続々と市場に投入される中、2020年に国内で改正道路交通法などが施行され、アイズフリーが可能となるレベル3(条件付運転自...

カリフォルニアでの自動運転走行、企業別距離ランキング

米カリフォルニア州車両管理局(DMV)は2022年2月15日までに、セーフティードライバー付きの自動運転試験を許可されている企業の走行距離が、2020年12月〜2021年11月の1年間で合計約410万マイル(約660万キロ)に達したことを発...