日本 に関する記事

トヨタ自動車、自動運転とAIの研究拠点を中国に開設か

トヨタ自動車(本社:愛知県豊田市/代表取締役社長:豊田章男)が、自動運転や人工知能(AI)についての研究開発を担う拠点を、中国の北京市などに設置する方針のようだ。日刊工業新聞が2019年2月15日に報じた。 報道によれば、中国...

日本は中国を見習うべきか…自動運転の環境整備、躊躇一切なし

米国を中心にポールポジション争いが今なお続く自動運転開発レース。しかし近年、中国がものすごい勢いで台頭し、米国の座を脅かし始めている。 国家主導のもと大胆な施策で自動運転社会の未来像を手繰り寄せている中国。一方で日本はどうか。...

自動ブレーキ搭載義務化、EUだけでも年間1000人の死者減 日本も合意

国連欧州経済委員会(ECE)は2019年2月14日までに、日本や欧州連合(EU)を含む40カ国・地域が衝突被害軽減ブレーキ(自動ブレーキ)の搭載を義務づける規則に合意したと発表した。交通事故の防止や被害の軽減を目指す取り組みで、EU...

自動運転トラックの開発企業やメリットまとめ

インターネット通販の増加などを背景に、深刻なドライバー不足に悩まされている物流業界。国土交通省の調査によると、2017年度のトラック宅配便取扱個数は42億1200万個にのぼるという。取扱個数は今後も右肩上がりが続きそうで、ドライバー...

自動運転社会の実現に必要な9つのこと

飛躍的な進化を遂げる自動運転技術。自動運転レベル3(条件付き運転自動化)やレベル4(高度運転自動化)の実現はもう目前に迫っている。一方、自動運転を実現するための社会インフラや法律の整備はどうなっているのか。 レベル3技術を持ち...

中国・百度(baidu)の自動運転戦略まとめ アポロ計画を推進

近年、自動運転分野で急速に存在感を強めている中国ネット検索最大手の百度(バイドゥ)。自動運転技術のプラットフォーマーとして大規模な自動運転開発連合を組織し、世界各国の自動車メーカーやサプライヤーとともに自動運転車の開発や量産化を進め...

空飛ぶタクシーとは? 3つのタイプや世界の開発企業を紹介

自動運転技術やドローン技術の進展により、現実味を増してきた「空飛ぶクルマ」。未来を描いた一昔前のアニメやSF映画のように、個人の移動手段が陸主体から空主体に代わるのはもはや空想の話ではない。 実用化に際しては、大半が個人や数人...

次世代物流市場、2025年に3.8兆円 自動運転やIoT、AIなど活用

株式会社富士経済(本社:東京都中央区/社長:清口正夫)は、ロボティクス、IoT、AI(人工知能)などを活用した物流システム・物流サービスの市場について調査し、2019年1月31日までにその結果を発表した。 それによると、自動運...

ティアフォーの自動運転戦略まとめ Autowareとは?

名古屋大学発の自動運転スタートアップである株式会社ティアフォー(本社:愛知県名古屋市/代表取締役社長:武田一哉)。設立から丸3年が経過し、オープンソースの自動運転ソフトウェア「Autoware(オートウェア)」を武器に活躍の場を世界...

2030年までの最重要トレンドは「コネクテッドカー」 自動車業界幹部アンケー...

世界の自動車業界で2030年までの最重要トレンドは「コネクテッドカー」——。こんなアンケート調査の結果を、国際会計事務所グループのKPMGインターナショナル社が2019年1月20日までに発表した。 アンケートはインターネット形式で行わ...