日本 に関する記事

【最新版】自動運転レベル3の定義や導入状況は?日本・世界の現状まとめ

日進月歩で進化を続ける自動運転技術。自動運転レベル2(部分運転自動化)搭載車が続々と市場に投入される中、2017年にドイツの自動車メーカー「アウディ」が自動運転レベル3(条件付運転自動化)に該当するシステムを初めて量産車に搭載し、ま...

【最新版】自動運転車の実現はいつから?世界・日本の主要メーカーの展望に迫る

日本を含む世界の主要自動車メーカーが、自動運転システムを搭載した車両の発表や発売を活発化させつつある。現在は自動運転レベル2〜3の車両が主流で、いつからシステム側が運転の主体になるレベル4の自動運転車が登場するのか関心が集まっている...

自動運転車の市場規模、2030年までの予測まとめ LiDARなどのセンサー、...

自動車業界に革命を起こすと言われる次世代技術「自動運転」。既に日本を含む各国では公道での実証実験も行われており、一部では限定されたエリアでの導入も進んでいる。国単位での法整備も進み、実用化に向けた環境整備も整ってきた。 また自...

【予告編】トヨタ第二の創業 章男社長の覚悟と必勝戦術 トヨタ自動車特集まとめ...

世界のトヨタ——。100年後もその呼称で呼ばれ続けるため、トヨタ自動車が自動運転の熾烈な開発競争に立ち向かっている。IT企業なども自動運転開発に乗り出し、スタートアップ企業も世界各国で次々と先進的な技術を生み出す中、トヨタは決して慢...

日産が自動運転エンジニア募集 脳機能をヒントにしたDNN技術で転職案件 最新...

日産自動車がDNN(ディープニューラルネットワーク)技術を適用した自動運転向けアルゴリズムエンジニアを募集している。右肩上がりの自動運転分野の開発に大手企業の正社員として携わるチャンスだ。 ニューラルネットワークは脳機能にみら...

自動運転の車載向け開発で競争過熱 組込ソフトウェア、2030年に2兆円市場 ...

IoTやAI(人工知能)開発とともに第4次産業革命が加速する中、組み込みソフトウェアの市場が伸びている。NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)の調査によると、2030年には世界市場規模が約2兆円に達する見込みで、このうちの4...

自動運転車市場、2030年に「420万台」 主要市場は「アメリカ・中国・日本...

米カリフォルニア州に拠点を置く調査会社「グランドビューリサーチ」は2018年8月9日までに、トラックも含める世界の自動運転車の市場規模が2030年までに420万台までに達するとの予測を発表した。有望市場になるのは米国、中国、日本の3...

AIや自動運転などテーマに? DeNAが先端技術研究の新組織 社員応募型

株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区/代表取締役社長兼CEO:守安功)は2018年8月6日、最先端技術に関するR&D(研究開発)組織を新たに設置したことを発表した。新技術のスムーズな事業化により、同社が力を入れてい...

大和自動車交通、台湾のタクシー業者と提携 双方の配車アプリを双方のユーザーに...

首都圏でタクシー配車事業を手掛ける大和自動車交通株式会社(本社:東京都江東区/代表取締役社長:前島忻治)は2018年8月6日、台湾のTaiwan Taxi社(本社:台北市/董事長:林村田)と業務提携したと発表した。 両社は日本...

デンソーが新自動運転求人情報! セキュリティ部門、異業種からの採用にも積極姿...

「つながるクルマ」と呼ばれ世界中で開発が進められているコネクテッドカー。一方で、ネットワークとつながることで常にサイバーリスクの脅威に晒される。 大手自動車部品サプライヤーである株式会社デンソー(本社:愛知県/取締役社長 :有...