日本

因縁のライバル、日本vs韓国「自動運転」市場の勝者は?

何かと比較されることが多い日本と韓国。隣国であり、東洋文化を背景にした共通点を持つ一方、政治的な背景からライバル視・敵視するような見方もあり、さまざまな場面で比較対象とされることが多いようだ。 では、自動運転分野ではどうだろう...

自動運転車椅子、「日本vs中国」の争いに火蓋?

中国深センに本社のあるUBTECH社の自動運転ロボット車いす「PathFynder」が、日本で初展開されるようだ。 神奈川県の介護施設で実証実験を行う予定で、大阪で2022年11月30日〜12月2日に開催される介護業界西日本最...

自動運転と農業トラクター(2022年最新版)

自動運転技術を駆使したスマート農業が着実に前進している。ロボットやAI、IoTといった先端技術を活用し、作業の自動化や情報共有、データ活用による営農管理など、さまざまな面で目に見える進化を遂げている。 この記事では、農業機械の主役であ...

自動運転、日本発の「安全性評価」枠組みが国際標準に

日本発の自動運転システムの「シナリオに基づく安全性評価フレームワーク」に関する国際標準として、「ISO 34502」が2022年11月20日までに発行された。 自動運転システムを開発する上でのプロセスの企画や設計、評価の各段階...

海外輸出、「原発」から「交通ソフトインフラ」の時代に

MaaSやAIオンデマンド交通をはじめとした交通ソフトインフラの海外展開に向け、国が大きく動き出したようだ。 日本国内をはじめ世界各国でCASEやMaaSの潮流が加速しており、各国の技術は徐々に国境を越え始めている。日本も国内...

自動運転バス・シャトル車種一覧(2022年最新版)

自動運転技術の実用化が世界で加速している。タクシーやデリバリーなどさまざまな用途に向けた開発が進められているが、早くから実用化が進んでいるのがバスやシャトルサービスだ。 この記事では、2022年10月現在で世界で開発が進められ...

1日600皿配膳も可!中国の自動運転AIロボが日本上陸

AI(人工知能)ロボット開発を手掛ける中国のオリオンスターテクノロジーは2022年10月25日までに、自動運転可能な配膳ロボット「Lucki(ラッキー)」を日本で販売開始することを発表した。 ラッキーは1日に最大600皿の料理...

グリーンスローモビリティとは?(2022年最新版)

環境問題が強く叫ばれる中、グリーンスローモビリティへの注目が高まっている。ラストマイルや観光地の移動など、さまざまな場面に導入可能な環境負荷の低い新たなモビリティだ。 グリーンスローモビリティとはどのようなものなのか。概要を解...

LiDARとは?読み方は?(2022年最新版)

自動運転技術の進展とともに、「自動運転の目」と呼ばれるLiDARの需要が急拡大している。市場調査会社の矢野経済研究所は、LiDARやレーザーの市場規模が2017年の約25億円から2030年には約4,959億円まで約200倍に膨らむと...

自動運転の歴史と現状(2022年最新版)

本格実用化に向けた取り組みが世界各地で進展する自動運転技術。21世紀前半をけん引する新産業として2010年以降開発競争が激化しており、自動運転タクシーも2018年に入って実用化されたが、その開発の歴史は思いのほか古い。 この記...