日本

コネクテッドカーとは?各自動車メーカーの開発状況まとめ トヨタ、日産・・・

コネクテッドカーの普及が徐々に始まり、「つながるクルマ」が市民権を得始めた。通信によって車両の状態を管理したり、地図情報を更新したり、アプリを活用したりする場面は今後当たり前の体験になるだろう。 次世代移動通信システム「5G」...

自動運転とは?2020年にレベル3解禁、基礎知識を徹底まとめ!

高度な自動運転機能を備えたタクシー事業の実用化が米国で始まり、日本国内においても、日に日に自動運転の実用化が近付いてきているのを感じる。技術開発の高度化とともに法整備も進み、2020年4月に日本でも自動運転レベル3(条件付き運転自動...

自動運転車での宅配サービス、実現までの8つのシナリオを解説!

新型コロナウイルスの蔓延によって非接触サービスに注目が集まる昨今。期せずして自律走行が可能な無人配送ロボットへの期待が高まっている。 海外では、米国のStarship Technologies(スターシップ・テクノロジーズ)が...

MaaSとは?2020年代に実用化!意味や仕組みまとめ

交通業界に吹き荒れるMaaS旋風は、2020年に入ってなお勢力を強めているようだ。各地で自治体主導の実証や民間企業による実用化が進むなど、自動車業界のみならず、交通サービス提供事業者全体を巻き込み大きな話題となっている。 Ma...

LiDARとは?自動運転の目となるセンサー、レベル3実用化で市場急拡大

自動運転技術の進展とともに拡大を続ける関連市場。中でも「自動運転の目」と呼ばれるLiDARの需要は青天井のごとく伸び続けており、マーケティング会社の矢野経済研究所は、LiDARやレーザーの市場規模は2017年の約25億円から2030...

横浜中華街にも自律走行配膳ロボット!?招福門の中華料理店で実証実験がスタート...

横浜中華街で中華料理店を運営する招福門株式会社(本社:神奈川県横浜市/代表取締役社長:勝田俊也)は、新型コロナウイルス感染症対策として、非接触型の自律走行配膳ロボット「T5(ティーファイブ)」の実証実験に取り組んでいる。 中国のKee...

自動運転レベル4〜5、2045年には2000万台市場に!その根拠は?

調査会社の富士キメラ総研は2020年9月、将来の自動運転市場の動向をまとめた「2020 自動運転・AIカー市場の将来展望」を発表した。自動運転車の普及拡大が見込まれる2021年以降の市場を調査に基づき予測したもので、2045年にはレ...

総務相、自動運転レベル4以上の普及で「サイバーセキュリティの確保が非常に重要...

将来、自動運転に関するサイバーセキュリティはデジタル庁が担うのかもしれない。高市早苗総務大臣は記者会見でデジタル庁新設に関する質問の回答で自動運転に言及し、サイバーセキュリティの重要性に触れた。 今回は高市大臣の発言の背景をも...

自動運転レベル3の定義や開発状況は?日本と海外の現状まとめ

日進月歩で進化を続ける自動運転技術。ハンズフリー運転を可能にする高度な自動運転レベル2(部分運転自動化)搭載車が続々と市場に投入される中、2020年に国内で改正道路交通法などが施行され、アイズフリーが可能となるレベル3(条件付運転自...

自動運転車対応指数、日本は10→11位にダウン 1位はどこの国?

国際会計事務所グループのKPMGインターナショナルは2020年8月31日までに、「自動運転車対応指数」の2020年版を発表した。28個の指標から30カ国・地域をランキング化して評価している。 1位は前回2位のシンガポール、2位...