日本

自動運転、国連が上限時速130キロに緩和!車線変更も容認

スイスのジュネーブで2022年6月21〜24日にかけて第187回「自動車基準調和世界フォーラム」(WP.29)の会合が開催され、自動運転や安全運転支援の技術に関連する国際基準の改正などが合意に至った。 自動運転や安全運転支援の...

自動運転とトラクター(2022年最新版)

自動運転技術を駆使したスマート農業が着実に前進している。ロボットやAI、IoTといった先端技術を活用し、作業の自動化や情報共有、データ活用による営農管理など、さまざまな面で目に見える進化を遂げている。 この記事では、農業機械の主役であ...

日本の自動運転と経済産業省(2022年最新版) 取り組み内容は?

自動運転技術の実用化に向け民間における開発が高まりを見せているが、早期社会実装には国の支援が欠かせない。 この記事では、国の機関として国土交通省とともに主翼を担う「経済産業省」に焦点を当て、2020年5月時点の情報をもとに、具...

日本の自動運転と国土交通省(2022年最新版) 取り組み内容は?

官学民が一体となり実用化に向けた取り組みを推進している自動運転分野。「官」においては、国土交通省や経済産業省が中心となり、民間の研究開発や実証などをバックアップしている。 この記事では2022年5月時点の情報をもとに、日本の省...

自動運転と大学(2022年最新版)

最先端技術の研究開発に優秀な人材は欠かせない。自動運転開発もしかりで、世界屈指の技術を有するエンジニアが次々と企業を背負って台頭している。 こうした人材の宝庫であり、育成の場が大学だ。近年はAI(人工知能)需要を背景に自動運転...

自動運転と法律・ガイドライン(2022年最新版) 日本の現状は?

道路交通法(道交法)の改正などにより、自動運転を解禁する動きが加速している。世界的に自動運転を認める法改正が進んでいるが、日本政府もスピード感を持って対応しており、決して出遅れていない状況だ。 では2022年5月時点で自動運転...

自動運転機能の市場化状況一覧(2022年最新版)

国土交通省と経済産業省設置する「自動走行ビジネス検討会」は2022年4月、これまでの検討結果を取りまとめたレポート「自動走行ビジネス検討会報告書version 6.0」を公表した。 この資料の中で、世界の自動車メーカー各社など...

自動運転、歴史と現状(2022年最新版)

本格実用化に向けた取り組みが世界各地で進展する自動運転技術。21世紀前半をけん引する新産業として2010年以降開発競争が激化しており、自動運転タクシーも2018年に入って実用化されたが、その開発の歴史は思いのほか古い。 この記...

自動運転、アジアの最新事情(2022年最新版)

世界各地で実用化に向けた取り組みが進む自動運転技術。アジアでは、中国を筆頭に開発が加速し、技術水準は先行する米国に肩を並べる域に達している。 この記事では、アジア各国の取り組み状況について解説していく。 ■日本 レ...

LiDARとは?(2022年最新版) 読み方は?機能は?自動運転で活躍

自動運転技術の進展とともに、「自動運転の目」と呼ばれるLiDARの需要が急拡大している。市場調査会社の矢野経済研究所は、LiDARやレーザーの市場規模が2017年の約25億円から2030年には約4,959億円まで約200倍に膨らむと...