技術

「自動運転×電車」の最新動向は? 国や企業の開発・取り組み状況まとめ

公共交通における大動脈ともいえる鉄道。この鉄道に自動運転の波が押し寄せている。背景には、運転士や保守作業員など鉄道係員の確保や養成が困難になってきている点が挙げられ、鉄道事業者においてはより一層の業務の効率化・省力化が急務となってい...

日立、ソフトウェアの高速変更技術を発表 自動運転制御システムの安全性向上に貢...

株式会社日立製作所と日立オートモティブシステムズ株式会社は2018年12月12日、自動運転用などの制御システム上で動作するソフトウェアを高速で変更することが可能な技術を開発したと発表した。 自動運転で走行しているときの安全性の向上に寄...

「自動運転×人材育成」の最新動向まとめ AI人材育成を国策で推進

狩猟社会から農耕社会、工業社会、そして情報社会と進化してきた世界。現在は、AI(人工知能)社会とでも言うべき次世代を見据えた産業が急成長しており、これは自動運転の分野においても例外ではない。むしろ代表例と言えるほどで、AI技術なくし...

BRT路線で自動運転バスの実証実験 JR東日本やソフトバンクなど参加

JR東日本管内のBRT(バス高速輸送システム)路線で2018年12月12日から2019年3月8日にかけ、自動運転バスの技術を検証する実証実験が実施される。実施場所は岩手県陸前高田市の大船渡線BRT竹駒駅周辺で、車線維持や速度制御、正...

ロシアの首都モスクワでの自動運転試験、ルール決まる ヤンデックスは無人タクシ...

自動運転技術の開発が盛んな国・地域と言えば、アメリカ、欧州、日本、中国などが挙げられるが、ロシアはどうか? ロシアにも自動車メーカーはあるものの世界市場で存在感を有するほどではなく、自動運転技術に関してもあまりニュースとして話題を耳...

りそな中小企業振興財団が無料経営講演会「自動運転がもたらすモビリティ革命」 ...

りそな中小企業振興財団(所在地:東京都品川区/理事長:古川裕二)は2018年11月26日、「自動運転がもたらすモビリティ革命」と題した2018年度経営講演会を開く。 自動車学校、迫る"消滅"危機 AI自動運転車の利用...

ドバイ政府「年内に国営自動運転タクシー」 最高時速32キロ、LiDARやカメ...

ドバイ交通局(RTA)の幹部が2018年10月22日までに、国営の自動運転タクシーを2018年内にもドバイ市内でサービス開始させることを語っていたことが明らかになった。 最高時速は20マイル(約32キロ)で、4人乗りのベンツ車...

自動車学校、迫る”消滅”危機 自動運転社会と2つの苦...

近年、急速な勢いで開発が進む自動運転車。自動運転技術がさらに実用性を増し、一般社会にも自動運転車が広く普及するようになれば、人間が車を運転するという技術は、徐々に必要ないものとなっていく。 日常的に自動車を利用する人にとっては、自動運...

米ライドシェア大手ウーバーのマッチング技術支える米Elastic社、IPOで...

米ライドシェア大手ウーバー・テクノロジーズやウーバーを追いかけるリフト社が採用している検索・マッチング技術を開発する米Elastic社(本社・カリフォルニア州)が2018年10月9日までに新規株式公開(IPO)を実施した。 I...

イーソル社の「eBRAD」、各運転手の特徴を踏まえた自動運転AIを自動生成

ソフトウェア開発企業のイーソル株式会社(本社:東京都中野区/代表取締役社長:長谷川勝敏)は2018年10月7日までに、各運転手の行動や振る舞いを反映したAI(人工知能)を自動生成可能な技術を開発中であることを発表した。 開発し...