市場

自動運転株式の人気急上昇 トヨタやデンソーなどの注目銘柄を一挙紹介

「自動運転化」「電動化」「カーシェア」——。これら新技術・サービスの登場で、自動車業界は100年に1度の大変革時代を迎えている。 特に都市の渋滞、高齢化に伴う交通過疎地の足の確保など、さまざまな交通課題を解決する「自動運転化」...

シェアサイクル・シェア自転車のサービス提供企業まとめ 世界・日本版、ウーバー...

米国勢のウーバー(Uber)やリフト(Lyft)、中国の滴滴出行(DiDi Chuxing)など右肩上がりで業績を上げ続けるライドシェア事業者。しかし、今年に入ってUberとLyftが相次いで自転車シェアリング(サイクルシェア・バイ...

ライドシェアなど向けに本人認証サービス イー・ガーディアン社、シェアリングエ...

総務省の発表によれば、ライドシェアなどに代表されるシェアリングエコノミーの市場規模は、2035年に3350億ドル(約40兆円)まで拡大すると言われている。シェアリングエコノミーの普及とともに拡大すると言われるサービスが「本人認証」だ...

【最新版】自動運転車の実現はいつから?世界・日本の主要メーカーの展望に迫る

自動運転車が夢物語から現実のものになり始めた昨今。世界各地で実証が進み、ウェイモの自動運転タクシーを皮切りに実用化も加速し始めている印象だ。果たして、次のビッグニュースはどのメーカーになるのか。 そこで今回は、日本国内の自動車...

アップルがAI自動運転車「Apple Car」を2023〜2025年に市場投...

米アップル社が開発する自動運転車「Apple Car」が、2023〜2025年ごろに市場投入される可能性が出てきた。2018年8月16日までに、アップル製品の市場に詳しいアナリストが明らかにした。 アップル社は自動運転車の開発...

ウーバー決算、サービス取扱高が初の1兆円超 リフト社が業界シェアで猛追、AI...

米ライドシェア大手ウーバーテクノロジーズ(Uber Technologies)が2018年8月15日、2018年4〜6月期決算を発表した。ライドシェア事業や料理配達事業の売上高が拡大し、サービスの全取扱高は前年同期比41%増の120...

空飛ぶタクシーと空飛ぶクルマの実現いつから? 最新調査「乗りたい」半数前後 ...

先端技術を対象に市場調査を手掛ける株式会社AQU先端テクノロジー総研(本社:千葉市中央区/代表:子安克昌)は2018年8月14日までに、「空飛ぶクルマ」や「空飛ぶタクシー」に関するアンケート調査(2300人対象)の結果概要を発表した。発表に...

【各社戦略まとめ】自動運転農業機械に秘めた可能性 スマート農業市場、2025...

ロボット技術やICTなどの先端技術を活用したスマート農業。自動運転技術や位置情報システムの高度化とともに市場規模の拡大が予想されており、富士経済の調査によると、自動運転農機や生産・販売システムなどを含むスマート農業関連市場は、202...

【2018年7月分】自動運転・ライドシェア・AIの最新ニュースまとめ

自動運転開発費の捻出に向けたトヨタの原価低減方針の発表や、自動運転開発加速に向けた米フォードの新会社設立のニュース、LiDAR市場の拡大に関する注目調査の公表や、ソフトバンクと中国のライドシェア大手滴滴出行(Didi Chuxing...

中国は74%「安全」 米国は73%「恐怖」 自動運転への信頼度は米中で真逆...

監査・コンサルタント会社のデロイト社が発表した最新のグローバル自動車消費者調査によると、中国の消費者の約74%が完全自動運転車が「安全」だと感じていることが分かった。中国メディアなどが報じている。 一方、米国では同種の調査で自...