小売

小売配送、自動運転技術の実用化が続々!日米中で(特集:自動運転が巻き起こす小...

モビリティの活用において、人の移動と同様重要視されるのがモノの輸送だ。タクシーやバスなど人の移動を担う自動運転モビリティの開発が盛んだが、負けず劣らず自動運転トラックや自動配送ロボットの開発なども世界各国で推し進められている。 この記...

【目次】自動運転が巻き起こす小売革命

労働力不足や薄利化…。小売業界の配送部門では近年業者を悩ます課題が少なくない。そんな業界の救世主ともなりえる技術が「自動運転」だ。配送手段の無人化が達成できれば、労働力不足や薄利化の悩みから事業者は解放される。 「自動運転が巻...

自動運転と移動販売(2022年最新版)

自動運転技術の確立とともに大きく道が拓けていくモビリティビジネス。開発の中心となっている移動サービスやデリバリーサービスなどとともに、今後注目が集まるのが自動運転技術を活用した無人移動販売だ。 この記事では、無人移動販売の事例などにつ...

【お知らせ】当社代表取締役の下山哲平が、モビリティ戦略特別セミナーで自動運転...

自動運転ラボを運営する株式会社ストロボ(本社:東京都港区)の代表取締役である下山哲平は、2022年1月18日(火)に東京都内で開催された「モビリティ戦略特別セミナー」(主催:新社会システム総合研究所)で講演いたしましたので、お知らせ...

Uberなどが大口顧客に!?自動配送ロボ開発Serve Roboticsの有...

宅配ロボット開発を手掛ける米Serve Roboticsがこのほど、セブン-イレブンやフードデリバリー企業のベンチャーキャピタルなどから資金を調達した。ラストワンマイル配送を担うロボット開発事業者と、小売やデリバリーサービス大手の結...

自動運転で自宅前に!「トヨタのコンビニ♪」が便利すぎる未来ニッポン

自動運転の社会実装が着々と進んでいる。多くは移動サービス向けの自動運転タクシーやバスだが、物流をはじめ警備や清掃、小売りなど、移動とさまざまな業種・サービスを結び付けた多目的な活用に期待が寄せられる。 その1つが無人で移動する...

【独占インタビュー】新時代は「サービスを運ぶ」!MONET Technolo...

トヨタとソフトバンクの共同出資会社として2019年2月に事業を開始し、2年半が経過したMONET Technologies株式会社(モネ・テクノロジーズ)。独自に立ち上げた企業横断型のコンソーシアムにはすでに600社以上が加盟し、モ...

東広島市で「自動運転車で小売りMaaS」実現へ!ソフトバンク、連携協定を締結...

ソフトバンク株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長:宮川潤一)と広島大学、東広島市は2021年7月8日までに、包括的な連携推進に関する協定を締結した。協定の主な内容は、東広島市と周辺地域における「Society 5.0」やスマー...

「小ロット短納期」商品宅配、自動運転時代を待たずに実現へ注力!

自動配送ロボットを活用した無人宅配サービスの実現に向け、各地で実証が加速している。宅配ロボットが自動で商品を運ぶ時代に向け、カウントダウンが始まった印象だ。 一方、こうしたサービスの全国的な普及には、まだある程度の時間を要する...

莫大な投資利益の可能性!自動搬送宅配ロボットを開発するNuroの全貌(ソフト...

自動運転分野においてさまざまなスタートアップへ投資を行っているソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)。世界の有力企業に積極的に投資を行い、テクノロジーの発展に大きく寄与している。 中でも注目の1社が、車道を走行する配送向け...