保険

【2024/6最新】KINTO(キント)とは?トヨタのサブスク、月額料金・対...

トヨタやレクサスの車両を定額で利用できるサブスクサービス「KINTO」(キント)。諸費用コミコミで月額1万円台から新車に乗ることが可能で、自動車を買わずに初期費用を抑えて利用できる手軽さから、KINTOの人気は急上昇中だ。最...

SOMPOで乗ーるの「自賠責」「任意保険」を徹底解説!車のサブスク・リース

「SOMPOで乗ーる」は、DeNA SOMPO Carlifeが運営するクルマのサブスクリプションサービス(カーリース)だ。クルマのサブスクは、購入せずにクルマを利用できる新しい仕組みとして、最近注目が高まっている。 ...

SOMPOで乗ーるのデメリット・メリットは?法人契約可?車のサブスク・リース...

クルマのサブスク(カーリース)「SOMPOで乗ーる」は、気軽にクルマを利用できるとして近ごろ人気上昇中のサービスだ。 しかし、クルマは「購入」がまだ一般的であるため、サブスクやカーリースを利用したことがある人は...

損保ジャパン、「空飛ぶクルマ」の賠償保険を発売

次世代モビリティの開発が進むにつれ、保険会社のサービスも進化している。すでに自動運転車に対応した保険は提供されているが、「空飛ぶクルマ」向けの保険も登場している。 損害保険ジャパン(損保ジャパン)は「空飛ぶクルマ事業者専用賠償...

自動運転の事故責任、誰が負う?(2024年最新版)

自動運転技術の実用化が加速している。アメリカや中国では自動運転タクシーの普及が始まり、ホンダやメルセデスは自動運転レベル3の機能をすでに商用展開している。 身近な技術となりつつある自動運転だが、いまだに判然としない課題が残って...

自動運転ラボ主宰の下山哲平が、損保総研の2023年度特別講座にて講演いたしま...

自動運転ラボを運営する株式会社ストロボ(本社:東京都港区)の代表取締役である下山哲平が、公益財団法人「損害保険事業総合研究所」(損保総研)の2023年度損害保険特別講座にて講演することが決まりましたので、お知らせいたします。 ...

電動キックボード、保険加入は義務?必須?

2023年7月に施行された改正道路交通法により、特定の区分の電動キックボードが公道でも走行できるようになった。 公道走行可能になったのは「特定小型原動機付自転車」に分類される電動キックボードで、16歳以上であれば運転免...

電動キックボードに免許は必要?公道走行は可能?法律最新情報

ここ数年でよく目にするようになった「電動キックボード」。近距離での移動が便利なことで注目を浴びている反面、事故やトラブルに関するニュースも目に付く。 2023年7月1日に施行された改正道路交通法には、電動キックボードに...

【2023年10月の自動運転ラボ10大ニュース】北米でレベル3まもなく始動

海外では、北米でもついに自動運転レベル3の商用利用がメルセデスによって始まるようだ。レベル4サービスが先行する中、オーナーカーにおける自動運転がどのように進化していくのか注目だ。 対する日本国内では、米中との差を懸念する声が一...

自動運転車向け保険一覧(2023年最新版) 損保各社の開発状況や内容は?

自動運転開発が加速し、公道において利用者を乗せて走行する場面が実証実験・商用サービスを含めて急増する中、新たな保険商品の開発にも世界的な注目が高まってきた印象だ。自動運転向けの保険に関しては、交通事故が起きたときにどのようなサポート...