保険

ダブルの「国内初」!自動運転EVで搬送サービス&専用保険

ティアフォーとヤマハ発動機の合弁企業eve autonomyが、自動運転レベル4の自動搬送サービス「eve auto」の提供を2022年11月30日から正式に開始した。また同日、損害保険ジャパンもレベル4サービス導入前から導入後まで...

赤字でも上場!車両×移動データのSmartDrive、Foxconnも株主

コネクテッドサービスなどを手掛ける株式会社スマートドライブ(本社:東京都千代田区/代表取締役社長:北川烈)が、2022年12月に東京証券取引所グロース市場に上場する。市場からの期待も高いCASE領域のベンチャー企業として注目されてお...

自動運転関連事業者向けに「専用特約」!東京海上が提供

東京海上日動火災保険株式会社(本社:東京都千代田区/取締役社長:広瀬伸一)と東京海上ディーアール株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役社長:嶋倉泰造)は2022年11月1日までに、新たな自動運転関連事業者向けのリスクコンサルティ...

夢のよう!自動運転車「保険料ゼロ円!」の衝撃

自家用車に付きものの自動車保険。加入はあくまで任意だが、万が一の備えとして契約する人は多い。 決して負担が軽くない自動車保険だが、そう遠くない将来、オーナーの負担は無料化されるかもしれない。その理由は「自動運転」にある。 ...

今だけの傾向?米国人の76%「自動運転は安全性が低い」と回答

自動運転車の研究開発が進む中、自動運転車に関してのアメリカ人の本音が分かる興味深いアンケート結果がこのほど公表された。 これは、保険代理店の米Policygeniusが18歳以上のアメリカ人1,500人を対象に自動運転車に対する意識調...

自動運転の事故責任、誰が負う?(2022年最新版)

自動運転技術の実用化が加速している。アメリカや中国では自動運転タクシーの実用化が進み、ホンダは世界初の自動運転レベル3搭載者を発売した。 身近な技術となりつつある自動運転だが、いまだに判然としない課題が残っている。自動運転にお...

自動運転とサービス(2022年最新版)

無人の自動運転車が市街地や郊外を当たり前のように走行する未来がやってくる。すでに、限定条件下で自動運転が可能となる「レベル3」をホンダが市販車に搭載し、特定エリア内での完全自動運転が可能な「レベル4」の自動運転タクシーも登場している...

自動運転と特許(2022年最新版)

本格実用化に向け、日進月歩の成長を続ける自動運転技術。その裏には、さまざまな最新技術やアイデアが盛り込まれている。 こうした技術に触れる一手法が「特許」や「実用新案」だ。開発各社はどのような技術を特許・実用新案として出願してい...

あいおい、中国の自動運転企業Momentaと提携 トヨタが出資する有望企業

あいおいニッセイ同和損害保険の中国子会社である愛和誼日生同和財産保険有限公司(ADIC)は2022年5月6日までに、自動運転システムを開発する中国のスタートアップ企業のMomenta(モメンタ)と戦略提携契約を締結したことを発表した...

自動運転車向け保険一覧(2022年最新版)

スイスに本拠を置く保険会社のスイス・リーと中国IT大手Baidu(百度)が自動運転を対象とした保険サービスの開発に向けパートナーシップを結んだ。 自動運転開発が加速し、公道において利用者を乗せて走行する場面が急増する中、新たな...