住友商事

住友商事、イスラエルの自動運転ベンチャーOttopiaに出資 データ伝送で強...

住友商事株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役社長:兵頭誠之)は2021年8月16日までに、自動運転技術開発のイスラエルのスタートアップ企業Ottopia Technologies(オトピア・テクノロジーズ)に出資したことを発表...

量子技術で「空飛ぶクルマ」を制御!住友商事、東北大学やOneSkyと実証開始...

2030年代後半には、多数の大小さまざまなエアモビリティが空を飛び交うことが予想されているが、その実現にはリアルタイムで最適航路・運航ダイヤを管制するシステムが欠かせない。 住友商事株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役社...

東京センチュリー、独Volocopterの空飛ぶクルマの日本展開支援!?

リース大手の東京センチュリー株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役社長:野上誠)が、「空飛ぶクルマ」を開発する独Volocopter (ボロコプター)と出資契約を締結したことを、2021年3月14日までに発表した。 東京セ...

住友商事など続々提携!リトアニアのMaaS企業Trafiの「実力」

日本の大手企業が、MaaSプラットフォームを手掛けるリトアニア発スタートアップTrafi(トラフィ)と、続々と業務提携を結んでいる。 住友商事とあいおいニッセイ同和損害保険がTrafi社との業務提携に合意したことを、2020年...

住友商事、見据えるのは「空のインフラ」!?無人機管制システム開発の米企業に出...

将来的なエアモビリティ時代を見越し、住友商事株式会社(本社:東京都千代田区/ 最高経営責任者:兵頭誠之)は2020年4月22日までに、無人機管制システムを開発する米OneSky Systemsに出資したことを発表した。 米On...

JALと住友商事、「空飛ぶクルマ」サービス提供へ米Bellと提携

日本航空(JAL)と住友商事は2020年2月14日までに、アジアでeVTOL(電動垂直離着陸機)機材を使った「空飛ぶクルマ」のサービス提供などの検討をスタートすることを発表した。 その検討開始に際して両社はeVTOL機材を開発...

空飛ぶクルマの開発企業まとめ 日本と世界、開発進捗は?

地上における自動運転とともに、空中における自動運転の開発も着々と進んでいる。空飛ぶクルマ、エアモビリティなどと呼ばれ、パーソナルユーズをはじめタクシーのような気軽な移動サービスを提供する新たな移動手段として注目が集まっている。 ...

駐車場シェア事業のakippa、第10期純損失は51.7%増の4.6億円 最...

駐車場シェアサービスを展開するMaaS系企業のakippa株式会社(本社:大阪府大阪市/代表取締役:金谷元気)の第10期決算公告(2018年12月31日現在)が、2019年5月23日までに官報に掲載された。 当期純損失は前期比...

無人トラクター・コンバインの開発企業まとめ 農業向け、自動運転技術など活用

自動運転技術の実用化が着実に進んでいる分野がある。農業だ。国も、ロボット技術やICTを活用して超省力・高品質生産を実現するスマート農業の発展を後押ししており、各種実証実験なども大幅に進展しているようだ。 そこで今回は、トラクタ...

住友商事、米Bell社と提携 空飛ぶタクシー分野に参入

住友商事株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役社長:兵頭誠之)は2019年4月5日までに、エアモビリティ分野での新規事業の創出を目的として、空飛ぶタクシーの開発を手掛ける米Bell Helicopter Textron社と業務提...