レーダー

グーグル系ウェイモに転職!自動運転エンジニアの求人・採用・年収情報などまとめ...

米カリフォルニア州マウンテンビューに本社を構えるGoogle(グーグル)系の自動運転開発企業Waymo(ウェイモ)。2016年12月の創業と日は浅いが、グーグル時代からの優秀なエンジニアや、他社から転職し中途採用されたエンジニアらが...

【最新版】LiDARとは?自動運転の「目」となるコアセンサーを徹底解説&まと...

自動運転技術の進展とともに拡大を続ける関連市場。中でも「自動運転の目」と呼ばれるLiDARの需要は青天井のごとく伸び続けており、マーケティング会社の矢野経済研究所は、LiDARやレーザの市場規模は2017年の約25億円から2030年...

独アウディの新型SUV「Q8」、自動運転駐車機能を搭載へ 最新ADASでドラ...

ドイツ自動車メーカー大手アウディが2018年8月20日に欧州市場で発売開始した新型「Q8」。アウディを代表する次世代カーとして、今後さまざまな機能の搭載によって「特別な才能」とも言うべきスペックに今後仕上げられていくとみられている。...

寝ててもOK…ボルボがついにレベル4自動運転車を発売へ

スウェーデン自動車メーカー大手ボルボが、2021年にも先進的な自動運転技術を搭載した新型SUV(多目的スポーツ車)「XC90」を発売すると2018年6月29日までに発表した。新型XC90には、高速道路などの限定的な運転環境下で全ての...

独ボッシュの事故データ解析技術、警視庁も注目 自動運転開発も加速

自動車部品大手の独ボッシュ社は2018年6月6日、東京都内で年次記者会見を開いた。日本国内での2017年の売上高は前年比10%増の約2950億円、グループ全体では同6.8%増で過去最高の781億(約10兆円)ユーロを記録した。 ...

日本発の自動運転向けシミュレータ、アメリカ・ドイツでお披露目 名古屋OTSL...

システム開発を手掛ける株式会社OTSL(本社:愛知県名古屋市/代表取締役:波多野祥二)は、米国ミシガン州デトロイトで2018年5月14日~17日開催の自動車用センサー展示会「AutoSens 2018」に、自動運転向けの各種シミュレ...

デンソーと覇権争う独ボッシュ、米シリコンバレーに自動運転・AIの新開発拠点

自動運転車の部品・技術開発も手がけるドイツのボッシュ社は2018年4月、自動運転やAI(人工知能)、センサーなどの開発を進める技術研究センターを、新たに米シリコンバレーの中心地域にあるサニーベルに開所したと発表した。報道発表によると...

米国でのホンダセンシング搭載車、累計販売100万台突破 自動運転実現への注目...

大手自動車メーカーであるホンダの米国現地法人アメリカン・ホンダモーター社(本社・米カリフォルニア州/神子柴寿昭社長)は4月10日、米国内におけるホンダ独自の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダセンシング)」搭載車...

周辺環境を把握するLiDARの信頼性向上 自動運転向け技術で東芝デバイス&ス...

東芝グループの東芝デバイス&ストレージ株式会社(本社・東京都港区/代表取締役・福地浩志)は4月16日、自動運転実現に必要な技術の一つである「LiDAR」(レーザーレーダー)について、長距離間での測定においてデータの信頼性を高める計測...