ユースケース

他者へのデータ提供の受容性は?高度なMaaS実現へ、3事業決定

高度なMaaSの実現に向けた経済産業省の「地域や業種をまたがるモビリティデータ利活用推進事業」において、2021年度から実施する3つのプロジェクトが決まった。経済産業省から委託を受けてプロジェクトを募集していた日本工営が、2021年...

【資料解説】空飛ぶクルマ、旅客輸送用は時速100~320キロ想定

経済産業省は国土交通省と合同で、日本における「空飛ぶクルマ」の実現に向けて、官民の関係者による「空の移動革命に向けた官民協議会」を2018年8月から開催している。 本記事では、2020年6月の第6回協議会で提出された資料で説明...

空飛ぶクルマ、7つのユースケース!日本政策投資銀が調査レポート

「空飛ぶクルマ」への注目が世界的に高まる中、日本政策投資銀行と慶應義塾大学大学院の「空飛ぶクルマ研究ラボ」が2021年3月、「空飛ぶクルマのユースケースに関する調査」と題したレポートを共同で公表した。 空飛ぶクルマに考えられる...

ソフトバンクとスバル、自動運転で「世界初」の成功!どんな内容?

通信大手のソフトバンクと自動車メーカーのSUBARUが「世界初」の取り組みに成功したようだ。 2020年12月1日までの発表によれば、次世代通信規格「5G」とセルラーV2X通信システム(C-V2X)を活用した安全運転支援や自動...

自動運転の「頼りになる相談役」!開発から実装まで(特集:マクニカのスマートモ...

モビリティサービス開発における「伴走型トータルソリューションプロバイダー」という側面を強くしている技術商社マクニカ。日本や世界のさまざまな企業と協業関係を築き、自動運転技術の研究開発や実証実験、次世代モビリティサービスの社会実装など...

【資料解説】「日本航空×空飛ぶクルマ」、想定シナリオが判明

空の移動革命に向けた官民協議会が2020年3月に開かれ、協議会を構成する民間各社がビジネスモデルに関するプレゼンテーションを行った。 この中で、日本航空(JAL)は空港を拠点とした事業構想を発表し、事業化のシナリオやビジネスモデルの構...