メディア

自動運転とは?2020年にレベル3解禁、基礎知識を徹底まとめ!

高度な自動運転機能を備えたタクシー事業の実用化が米国で始まり、日本国内においても、日に日に自動運転の実用化が近付いてきているのを感じる。技術開発の高度化とともに法整備も進み、2020年4月に日本でも自動運転レベル3(条件付き運転自動...

ストロボ、MaaS特化型の地域情報コンテンツ制作・運用サービスの提供スタート...

自動運転ラボを運営する株式会社ストロボ(本社:東京都港区/代表取締役:下山哲平)は2020年9月15日までに、「MaaS特化型地域情報コンテンツ制作・運用サービス」の提供を開始した。 MaaSアプリなどのサービス開発において、...

広告とタクシーアプリの最大手がタッグ!電通とMoT、交通広告領域で

広告代理店最大手の株式会社電通(本社:東京都港区/代表取締役社長:五十嵐博)は2020年7月31日までに、タクシー配車アプリなどを展開するMobility Technologies(MOT)社=旧:JapanTaxi=と業務提携した...

車以外の8業種は「自動運転」「MaaS」にこう切り込もう!

異業種参入が相次ぐ自動運転やMaaS(Mobility as a Service)業界。近未来の巨大産業目掛け、自社のビジネスと未来のモビリティをどのように結び付けることが可能か模索する動きが広がっている。 その象徴の1つがM...

自動運転化で、運転のお供「ラジオ」は役割を終えるのか

ドライブの定番といえば「ラジオ」だろう。「耳で楽しむ」メディアの特性があるラジオは運転を邪魔せず安全に楽しめるコンテンツとして、ドライバーの「お供」的存在だ。 しかし自動運転技術の発達で、そんなラジオの役割がもしかすると失われ...

注目の新広告枠…タクシー内テレビの仁義なきシェア戦い

タクシー配車アプリ「DiDi」の提供エリア拡大を推し進めるDiDiモビリティジャパンも2019年12月、満を持してタクシー車内のデジタルサイネージサービス「DiDi TV」の運用を開始した。これにより、タクシー配車サービス大手5社の...

【対談】満稿御免!好調なタクシー後部座席広告の現在と未来、ニューステクノロジ...

いま満稿状態が続いている広告枠の一つに、タクシーの後部座席の乗客向けに配信されるデジタルサイネージ広告がある。端末を搭載するタクシーも増え続けているほか、こうした端末の導入はカーシェアやサブスク(定額サービス)向けの車両でも進むとい...

自動運転社会の到来で激変する9つの業界

「車社会」と言われるように、生活に非常に密着した存在である自動車。大げさな言い方をすれば、人間のパートナーともいうべき存在だ。この自動車が、将来自動運転車に変わる際、どのような影響や変化が起こるだろうか。 もともとすそ野が広い...

ACCESS社、ドイツ同業を買収 自動運転車向けの車載エンタメ事業を強化

ソフトウェア大手の株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区/代表取締役:大石清恭)は2019年4月19日までに、子会社のACCESS Europe社が車載向け動画配信プラットフォームを手掛ける独NetRange社を買収し、ACCE...

【お知らせ】「自動運転ラボ・オンラインサロン」を開設しました

日本唯一の自動運転専門メディア「自動運転ラボ」(運営:株式会社ストロボ)は、Facebookグループ「自動運転ラボ・オンラインサロン」をこのたび開設し、メンバー募集を開始いたしました。 オンラインサロンのURLは「https:...