ミシガン大学 に関する記事

ミシガン州「自動運転の街」で復活へ 5G配備の”住めない街...

アメリカ国内においては、なんと言ってもカリフォルニア州が自動運転開発の急先鋒だ。自動運転開発に力を入れる自動運転ベンチャーやスタートアップも数多くあり、世界で初めて2018年12月に自動運転タクシーを商用化したGoogle系Waym...

韓国に自動運転テスト向けの「K-City」登場 総工費12億円

韓国の国土交通部(日本の国土交通省に相当)は2018年12月12日までに、5G(第5世代移動通信システム)を活用して走行する自動運転車両の試験のためにつくられた疑似都市「K-City」が完成したことを発表した。総工費は125億ウォン(約12...

トヨタのAI・自動運転戦略まとめ 投資・提携状況や研究開発拠点は? ベンチャ...

100年に1度の変革期にある自動車業界。なかでも自動運転においては、LiDAR(ライダー)などの新たなセンシングデバイスの進化とともに大量のデータを解析する人工知能(AI)の性能向上が強く求められており、旧来の自動車メーカーでは持ち...

自動運転車が渋滞を緩和させるワケ 米ミシガン大学の研究「たった1台でも軽減」...

一般的に、渋滞は走行する車両の数が道路の輸送キャパシティを超えた時に発生する。例えば、年末年始や大型連休など走行車両が急増する場合や、道路工事や交通事故などで交通そのものが制限された際などだ。また、走行車両数が輸送キャパシティを超え...

トヨタ第二の創業(4)虎視眈々…全世界に広がる研究開発拠点 トヨタ自動車特集...

トヨタ自動車の先進技術を支えるR&D(研究開発)拠点。世界各地にさまざまなR&D拠点が設けられているが、その中でも自動運転技術に携わる拠点は日本国内に2カ所、北米に5カ所、欧州に1カ所ある。 それぞれの拠点がど...

注目論文…「自動運転車は逆に渋滞を悪化させる」 ライドシェア普及...

自動運転車は渋滞を軽減させると言われている。しかし、世界経済フォーラム(WEF)と米ボストン・コンサルティング・グループの調査によれば、自動運転車が普及すると逆に渋滞を引き起こす可能性があるようだ。 米ミシガン大学は最近、自動...

“住めない街”続々…自動運転テスト向け、...

自動運転車の走行テスト専用のまち「自動運転タウン」が世界各国で続々と誕生している。通常、公道では安全性の観点などからテスト走行は一定の制限が付されているが、住民のいない自動運転タウンならより思い通りのテスト走行ができるメリットがある。各種メ...