トヨタ(Toyota)

トヨタの自動運転戦略については「トヨタの自動運転戦略」から最新情報を確認することが可能です。

KINTOで「アルファード」に乗る!月額価格・納期は?トヨタのサブスク・リー...

「KINTO(キント)」は、トヨタとレクサスの車両を定額で利用できるサブスクリプションサービスだ。選べる車種は多数あるが、この記事では高級ミニバン「アルファード」を利用する際の費用や納期などについて説明する。 ...

【2024/6最新】トヨタKINTOの取り扱い車種一覧!月額価格は?車のサブ...

トヨタ系のクルマのサブスク「KINTO(キント)」は、クルマにまつわる費用が全てコミコミ定額のサービスだ。車両代や登録費用はもちろん、税金や保険、車検、メンテナンス代、修理代、消耗品などが全て月々の支払い料金に含まれている。...

【2024/6最新】KINTO FACTORY(キントファクトリー)とは?ト...

トヨタ自動車とKINTOが開始したオーナーカー向けの新サービス「KINTO FACTORY」(キントファクトリー)が注目を集めている。ハードウェア・ソフトウェア問わず購入後のマイカーを進化させるサービスで、対象車種やエリア、...

トヨタWoven Cityに外国人殺到か?富士山効果で「映え」確実

いよいよこの夏に第1期の建物が完成予定のトヨタの実証都市「Woven City(ウーブン・シティ)」。トヨタやトヨタ関係者から段階的に入居し、まずは約360人が居住する計画になっている。 Woven Cityが建つ場所は、富士...

自動運転、AIと「人間の意思」をつなげるハンドル!トヨタG企業に論文賞

ステアリングシステム開発などで高い実績を誇るトヨタグループの株式会社ジェイテクト(本社:愛知県刈谷市/取締役社長:佐藤和弘)の論文が、IEEEカンファレンスで最高位となる「Best Paper Award(論文賞)」を受賞した。 ...

テスラのインターン給与、トヨタの正社員超え!自動運転部門で募集

EV(電気自動車)大手米テスラのインターンが破格の待遇となっているようだ。AI(人工知能)開発系の報酬は年収ベースで「10万~15万ドル(約1,500万~2,300万円)+福利厚生」となっており、トヨタの社員の平均年収を軽く超えてい...

Woven City、ついに入居開始へ!トヨタ関係者から段階的に

トヨタ自動車が静岡県裾野市に建設中の実証都市「Woven City(ウーブン・シティ)」の工事が順調に進んでいるようだ。 予定通りなら、2024年夏に第1期の建物が完成する。公式サイトでは街の完成イメージ図がアップされており、...

SDV(ソフトウェア定義型自動車)の意味は?自動運転化の「最低条件」

自動車業界で今、ソフトウェア重視の開発がスタンダードとなりつつある。ソフトウェアをアップデートすることで各機能の改善・向上を図っていく前提で設計する「ソフトウェア・ディファインド・ビークル(SDV)」の標準化だ。 開発の在り方...

ADAS/エーダスとは?(2024年最新版) 自動運転レベル1〜2に相当

自動車メーカーから昨今発売される新車には、「自動ブレーキ機能標準装備」や「レーンキープアシスト搭載」といった機能が搭載されているのが珍しくなくなってきた。こうしたドライバーの運転を支援する機能は「ADAS」(エーダス)と呼ばれる。 ...

ホンダセンシング、標識の「勘違い事例」をまとめてみた

ADAS(先進運転支援システム)の一機能「標識認識機能」がSNS上で小さなお祭り状態となっている。ホンダセンシングがラーメンチェーン「天下一品」の企業ロゴを「車両進入禁止」の道路標識に誤認識したことに端を発し、「うちのクルマは〇〇を...