ソフトバンク(Softbank)

初黒字!トヨタと孫氏の合弁「MONET」、売上急増20億円

トヨタ自動車とソフトバンクの共同出資会社として設立されたMONET Technologies株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役社長兼CEO:清水繁宏 )=モネ・テクノロジーズ=の第4期決算(2022年3月31日現在)が官報に...

自動運転バスのARMA、BOLDLYがオペレーター110人育成

ソフトバンク子会社のBOLDLY株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長:佐治友基)はこのほど、自動運転バス「NAVYA ARMA」のオペレーターを累計110人育成したことを発表した。 世界25カ国で200台以上販売されてい...

ソフトバンクビジョンファンドとは?(2022年最新版)

投資会社としての色を年々濃いものへと変えていくソフトバンクグループ。投資事業をけん引するソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)などの投資損益は、日本企業で初めて5兆円の純利益を出した2021年3月期に累計7兆円を超えた。 ...

自動運転、「導入スペシャリスト」をソフトバンクが募集

ソフトバンクが、採用後にBOLDLY(ボードリー)に「自動運転車導入スペシャリスト」として出向する正社員を、中途採用で募集している。 BOLDLYはソフトバンク子会社で、自動運転バスなどのスマートモビリティーサービスの事業化を...

孫氏「7兆円がほぼゼロに」 ビジョンファンド累計利益

ソフトバンクグループ株式会社(本社:東京都港区/代表取締役会長兼社長:孫正義)=SBG=は2022年8月8日午後、2023年3月期第1四半期(2022年4〜6月)の決算を発表した。 四半期損益は前年同期は7,615億円の黒字だ...

【自動運転ラボ白書】必読!自動運転バス・シャトル/トラック最新動向

自動運転技術の実用化に向けて取り組みが最も盛んな領域は、オーナーカーの開発ではなく、サービス用途のモビリティの開発だ。即ち、移動サービス用途の自動運転バス・シャトルや、物流用途の自動運転トラックなどだ。 特に先進国では移動サー...

【2022年7月の自動運転ラボ10大ニュース】レベル5開発のTURINGが資...

百度の最新自動運転タクシーの発表やZooxの自動運転タクシー事業に向けた取り組みなど、海外では依然として自動運転業界がにぎわっている。 一方、日本でもレベル5実現を公言するスタートアップや自動運転の安全性を数学的に証明する取り...

自動運転と通信(2022年最新版)

自動運転を実現するための要素技術の1つとして「通信技術」が挙げられる。自動運転システムを構成するAI(人工知能)やセンサー類の働きを最大限有効活用するには、高度な通信技術が必要不可欠となる。 この記事では、自動運転における通信...

小売配送、自動運転技術の実用化が続々!日米中で(特集:自動運転が巻き起こす小...

モビリティの活用において、人の移動と同様重要視されるのがモノの輸送だ。タクシーやバスなど人の移動を担う自動運転モビリティの開発が盛んだが、負けず劣らず自動運転トラックや自動配送ロボットの開発なども世界各国で推し進められている。 この記...

Armが自動運転で存在感!SBGの「救世主」になるのか

ソフトバンクグループの一セグメントを担う半導体設計企業の英Arm(アーム)。NVIDIAへの売却話は流れたものの、AIやIoT、自動運転といった成長産業のキープレイヤーとしてさらなる飛躍に高い期待が寄せられている。世界的な株安で業績...