ソフトバンク(Softbank)

MaaSとは?(2023年最新版)

「MaaS」(マース)という単語を耳にする機会がここ数年で随分と増えた。交通業界にイノベーションを起こすと言われているMaaS。実証実験が国や自治体、民間企業などによって盛んに行われるようになり、2023年に入ってもその勢いは衰える...

トヨタと自動運転(2023年最新版)

「世界のトヨタ」と呼ばれるトヨタ自動車。業界のリーディングカンパニーの1社として長年業界をけん引してきた実績は確かな信頼や技術力を築き上げ、2023年以降もその勢いは衰えることが無さそうだ。 同社のブランドは今後も揺るぎないも...

【国内版】2022年の「自動運転」10大ニュース!レベル4解禁へ

4月に改正道路交通法が可決され、レベル4や自動走行ロボット解禁までの道筋が明確なものとなった2022年。2023年の法施行を前に各社が取り組みをいっそう加速する1年となった。 自動運転業界ではこの1年でどのような動きがあったの...

ソフトバンクで「MaaS」な仕事!データ分析担当を募集中

MaaSといえば、モビリティ業界の近年の潮流の1つだ。移動を「サービス」としてとらえ、移動にさまざまな付加価値をつける取り組みが、徐々に始まっている。 通信大手のソフトバンクもこの領域に参入しており、現在、MaaS事業のデータ...

トヨタ社長と孫氏が始めた「仲間作り」、いつのまにか700社

トヨタやソフトバンクなどの共同出資会社であるMONET Technologiesが設立した「MONETコンソーシアム」の加盟企業数が、2022年11月1日時点で702社となった。 MONETコンソーシアムは2019年3月に設立...

BOLDLY、エストニア製自動運転バス「MiCa」展開へ

ソフトバンク子会社のBOLDLY株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長:佐治友基)は2022年10月30日までに、エストニア製自動運転バス「MiCa(ミカ)」を日本で展開することを発表した。MiCaを日本に導入するのはBOLDL...

怖い?便利?「歩車混在」のお台場、自動運転バスが走行

2023年の1〜2月ごろ、東京都内である自動運転実証が行われることが決まった。「歩⾞混在」のお台場の遊歩道などを⾃動運転バスが⾛⾏するという実験で、実施企業はソフトバンク子会社のBOLDLYと、高速バス大手のWILLERとなっている...

初黒字!トヨタと孫氏の合弁「MONET」、売上急増20億円

トヨタ自動車とソフトバンクの共同出資会社として設立されたMONET Technologies株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役社長兼CEO:清水繁宏 )=モネ・テクノロジーズ=の第4期決算(2022年3月31日現在)が官報に...

自動運転バスのARMA、BOLDLYがオペレーター110人育成

ソフトバンク子会社のBOLDLY株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長:佐治友基)はこのほど、自動運転バス「NAVYA ARMA」のオペレーターを累計110人育成したことを発表した。 世界25カ国で200台以上販売されてい...

ソフトバンクビジョンファンドとは?(2022年最新版)

投資会社としての色を年々濃いものへと変えていくソフトバンクグループ。投資事業をけん引するソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)などの投資損益は、日本企業で初めて5兆円の純利益を出した2021年3月期に累計7兆円を超えた。 ...