サウジアラビア

自動運転、中東の最新事情(2022年最新版)

産油国のイメージがいまだ根強い中東だが、石油依存からの脱却を目指す動きも顕著で、取り組みの一環としてスマートシティ化を図る国も続々と登場している。 その中で、新たな産業創出と課題解決を図るべく自動運転技術の導入を目指す取り組み...

「サービス売上」の伸び鮮明!自動運転シャトルの仏NAVYA、前年比23%増

ハンドルのない自動運転シャトル「ARMA」を開発する仏NAVYAは2022年3月16日までに、2021年の業績を発表した。 2021年の売上高は前年比5%増の1,016万ユーロ(約13億2,000万円)。売上高の内訳は「車両部...

自動運転を導入する未来都市、国内外の巨大プロジェクトまとめ

中国のネットサービス大手テンセントがこのほど、深センの埋め立て地を活用した未来都市を建設する計画を明らかにした。米メディアのCNNなどが報じている。 自動運転ラボは2019年12月、テンセントが深センの土地を購入したという報道...

ソフトバンク・ビジョン・ファンド、数カ月以内に第2号立ち上げか

10兆円規模の「ソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)」の2号ファンドが、数カ月以内に立ち上がる可能性が出てきた。 日本経済新聞の報道によると、ソフトバンクグループのラジーブ・ミスラ副社長が2019年4月29日、アメリカ国...

自動運転領域におけるウーバーの「金」と「投資」を完全解説 トヨタ自動車やソフ...

2019年中のIPO(新規株式公開)を目指す米ライドシェア大手のUber Technologies(ウーバー・テクノロジーズ)。最近では、ソフトバンクグループとトヨタ自動車などがウーバーの自動運転部門に10億ドル(約1100億円)を...

ポスト・サウジ、ビジョンファンド第2弾の”パトロン”...

ソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)による投資事業が好調なソフトバンクグループが、中東マネーに揺れている。SVFへの主要出資者であり、SVFの第2弾ファンドでもメインパトロンとなる予定だったサウジアラビアがジャーナリスト殺人事...

サウジアラビア女性、運転解禁でライドシェア大手Uberへの登録に関心高く

自動車の運転が初めて解禁された中東サウジアラビアの女性たちが、米Uber Technologies(ウーバー・テクノロジー)のライドシェアサービスに運転手として登録するため、まず自動車免許の申請を続々行っているようだ。 Ube...