サイバー攻撃 に関する記事

国が奨励…英政府、自動運転向けセキュリティ特化のFund組成

イギリス政府は2019年8月14日までに、自動運転向けセキュリティ技術の向上に向け、200万ポンド(約2億6000万円)規模のファンドを組成したと発表した。 イギリス国内で自動運転車が安全に走行するためには、ハッキングなどを防...

ルネサス、自動運転に対応する高速ネットワーク機能搭載の新マイコンを発表

ルネサスエレクトロニクス株式会社(本社:東京都江東区/代表取締役社長兼CEO:呉文精)は2019年2月27日までに、ADAS(先進運転システム)や自動運転に対応可能な高速ネットワーク機能を搭載する車載制御マイクロコンピュータ「RH8...

自動車セキュリティに従事する人々、84%が「自社は対策不足」と回答

半導体やセキュリティソフトウェアの設計・製造などを手掛ける米シノプシスは2019年2月25日までに、航空宇宙や自動車などの開発に従事する技術者などで構成される国際的な非営利団体SAEとともに、「最先端の自動車セキュリティ:自動車業界...

【2019年1月分】自動運転・MaaS・AIの最新ニュースまとめ

世界最大級の家電見本市「CES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)」が米ラスベガスで開催される1月は、最新技術に関する話題が多く提供される。日産自動車は見えないものを可視化する技術を披露し、トヨタ自動車は自社の運転支援機能「...

三菱電機が新技術、コネクテッドカーへのサイバー攻撃を車載機器上で検知

コネクテッドカーの普及が本格化する次世代モビリティ社会においては、悪質なハッカーなどによる外部からのサイバー攻撃が大きな懸念点だ。そのため今、自動車メーカーやサプライヤーは対策に本腰を入れ始めている。 そんな中、三菱電機株式会社(本社...

自動運転車へのサイバー攻撃、月30万回 ハッカー3500人から イスラエル企...

自動運転車やコネクテッドカーは月平均30万回のサイバー攻撃を3500人ものハッカーから受けている——。こんな調査結果をセキュリティ事業を手掛けるある中東の企業が2019年1月15日までにまとめ、話題になっている。 この調査結果...

ヒートウェーブ社、「IoTと車のハッキングハンズオン講座」開講 自動運転車や...

技術者養成事業を手掛けるヒートウェーブ株式会社(本社:東京都新宿区/代表取締役:林田かおる)は2018年11月25日までに、同社が手掛けるセキュリティスクール「セキュ塾」において、「IoTと車のハッキングハンズオン講座」を開催すると...

Revatron社、「攻撃パッチ」特定するスマートカメラ発表 AI認識システ...

もしもハッカーが自動運転システムを欺き、赤信号を青信号と誤認識させたら——。AI(人工知能)ソリューションの開発を手掛けるRevatron株式会社(本社:東京都中央区/代表取締役:浅田麻衣子)は2018年11月22日、こうした悪質な...

独ボッシュ、コネクテッド技術でコンセプト車両展示 ビッグデータ活用のセキュリ...

ドイツの自動車部品供給メーカー大手のボッシュ(本社:シュトゥットガルト/最高経営責任者:フォルクマル・デナー)は2018年10月16〜19日の4日間に渡り、千葉県の幕張メッセで開催される「CEATEC JAPAN 2018」に出展す...

自動運転車向けの損害保険、大手各社が準備急ぐ 損保ジャパン、東京海上日動、あ...

自動運転に関する技術開発を日本を含む世界のメーカーやベンチャー企業が進め、各国で公道走行に関する法令やインフル整備の気運が高まる中、損害保険業界がいずれ来たる自動運転社会の到来に備えて準備を急いでいる。 例えば、損害保険ジャパ...