コンテスト

京都でMaaSアプリコンテスト!混雑回避する観光案内アプリなどに最優秀賞

京都市では公共交通の利便性向上や利用促進を図る観点から、MaaSの研究・検討に着手している。こうした中で、交通環境情報を用いて京都の課題を解決する提案を募集する「KYOTO楽Mobiコンテスト」を実施し、2020年11月24日までに...

子供たちが考えた「未来のクルマ」が凄い!自動運転も

公益社団法人自動車技術会は2020年4月、「第8回カーデザインコンテスト」の受賞者を発表した。中高生らを対象にした創造力あふれるカーデザインを競うコンテストで、本年度は「10年後の暮らしを楽しくする乗り物」をテーマに募集したところ、全国から...

東大発スタートアップ、いよいよ1/1サイズの空飛ぶクルマ製作 テトラ・アビエ...

次世代交通として注目される「空飛ぶクルマ」を開発中の東京大学発スタートアップ「テトラ・アビエーション株式会社」(本社:東京都文京区/代表取締役:中井佑)が、いよいよ「1/1サイズ」の1人乗り型試作機の製作に乗り出す模様だ。 同...

集え学生!「NAVITIME APIチャレンジ」の参加者募集 MaaSなどの...

株式会社ナビタイムジャパン(本社:東京都港区/代表取締役社長:大西啓介)は2019年5月16日、全国の学生向けの研究・開発コンテスト「NAVITIME APIチャレンジ」の参加者の募集の開始について報道発表を行った。 同コンテ...

“空飛ぶクルマ”国際コンテスト、日本チーム「teTr...

米ボーイングが協賛する有人エア・モビリティ(空飛ぶクルマ)コンテスト「GoFly」で、日本の学生と社会人の有志チーム「teTra」が善戦している。 発表によれば、第3期へ進出するチームに選ばれたという。現在の残りチームは31チ...

⾃動運転AIチャレンジ、学生や社会人など国内外4チームが参加 自動車技術会が...

公益社団法人「自動車技術会」は2019年3月13日、主催する「Japan Automotive AI Challenge(⾃動運転AIチャレンジ)」の参加4チームなどを発表した。⾃動運転AIチャレンジは3月23日と24日の2日間、東...

住友ゴムの「自ら気づく」タイヤ、AI自動運転での活用期待 その名も「SENS...

住友ゴム工業株式会社(本社:兵庫県神戸市/代表取締役社長:池田育嗣)は2019年3月10日までに、ドイツで開催されたタイヤ技術展でのコンテストにおいて、同社のタイヤセンシング技術「SENSING CORE」が優れた先進技術に贈られる...

車とスマホつなげるSDLアプリ大会、自動運転車に活用できそうなアイデアも続々...

スマートフォンと車載器を連携させる技術「スマートデバイスリンク(SDL)」のアプリコンテストが現在開かれており、同コンテスト実行委員会が2019年2月28日までに、応募作品の中から一次審査を通過した10作品を発表した。 SDL...

テスラ、ハッキング大会にモデル3提供 自動運転ソフトなどのセキュリティ向上目...

米電気自動車(EV)大手のテスラは2019年1月28日までに、3月開催のハッキングコンテストに同社の主力車種「モデル3」を提供すると発表した。モデル3のハッキングに成功した人の中から"最優秀者"に車両そのものをプレゼントするという。...

【寄稿】ぼくの大学院生活を捧げた自動運転ミニカー製作の全て 工学院大学修士1...

2020年代に公道における自動運転の法整備やインフラ整備は一気に進む。日本、そして世界の大手メーカーからベンチャー企業までがいま躍起にやって開発を進める技術が人々にとって身近な存在となり、次世代技術の恩恵を受ける時代はもうすぐそこまで来...