エッジAI

自動運転とAI(2022年最新版) 活用シーンを解説

この数年ほどで大幅な進化を遂げた自動運転技術。グーグルを筆頭に2010年代に開発が大きく加速し、一部ではすでに実用域と呼べるほどの技術水準に達している。 この進化を支えているのがAI(人工知能)だ。ディープラーニング(深層学習)をはじ...

トヨタ出資の未来創生ファンドに「3号」!次なる自動運転関連の投資先は?

スパークス・グループ株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長:阿部 修平)は2021年8月6日までに、未来創生3号ファンドを設立し、トヨタ自動車が1号ファンドと2号ファンドに続いて出資者として参画することを発表した。 1号と...

自動運転車のデータ収集からマネタイズまで!(特集:マクニカのスマートモビリテ...

自動運転車は走行しながらさまざまな種類のデータを生成する。そしてそのデータ量も膨大なものとなる。そのため、データの効率的な収集や管理には、走行のための技術とは別の技術やソリューションが必要となる。 こうした点においてサポートを...

エッジAI半導体メーカーBlaize、日本上陸!自動運転で車載向けにも

自動運転向けエッジAIの半導体を提供する米Blaizeは2020年11月19日までに、デンソーの子会社で高性能半導体IPの開発・販売を手掛けるエヌエスアイテクスを正規販売代理店として、日本での営業活動を開始することを発表した。 ...

自動運転に重要な「エッジAI」開発のエイシング、7億円資金調達

自動運転領域で「エッジAI」の需要が高まる中、独自のAIアルゴリズムシリーズを提供する株式会社エイジング(本社:東京都港区/代表取締役社長:出澤純一)が総額7億円の資金調達を行ったことを発表した。 エッジAIとは、クラウド側で...

自動運転時代はクラウドサービス企業の成長期(深掘り!自動運転×データ 第12...

膨大なデータが生成され、さまざまな用途で活用される自動運転時代。各車両に大容量・高速処理が可能なストレージなどの機器を搭載する必要があるが、必要に応じてデータやソフトウェアを各ユーザーに提供可能なクラウドサービスの活用に注目が集まっ...

自動運転に必須の「エッジAI」とは?

ディープラーニングの進展により活発化しているAI(人工知能)産業。その中でも、近年特に注目を集めているのが「エッジAI」だ。自動運転にも必須とされており、AI関連企業の研究開発は一段と凄みを増しているようだ。 今回は「エッジA...

自動運転車に導入も!エッジAIスタートアップのエイシング、「DBT-HQ」を...

エッジAIスタートアップの株式会社エイシング(本社:東京都港区/代表取締役CEO:出澤純一)は2019年6月2日までに、エッジAIにおいて導入機器側でリアルタイムな自律学習が可能な同社提供の独自のAIアルゴリズム「ディープ・バイナリー・ツリ...