アリババ に関する記事

トヨタ株、2018年9月は2.8%高で取引終了 自動運転やAI開発に注力

2018年9月28日の株式市場で、自動運転技術の開発にも力を入れているトヨタ自動車(本社:愛知県豊田市/代表取締役社長:豊田章男)=東証1部・7203=株は反発し、前日より87円高(1.2%高)の7095円で取引を終えた。株価の値上...

【2018年9月分】自動運転・ライドシェア・AIの最新ニュースまとめ

自動運転事業を加速させている半導体大手ルネサス・エレクトロニクスによる大型買収や米ウーバー社のタクシー分野への進出、国土交通省による自動運転レベル3・レベル4に関する安全技術ガイドラインの発表…。2018年9月も日本で自動運転やライ...

アリババ、半導体子会社設立へ ジャック・マー会長、引退前の大仕事 自動運転や...

インテル、クアルコム、エヌビディア、東芝…。世界における半導体企業たちだ。自動運転やAI(人工知能)などの先端技術の登場で半導体の重要度は一層重要度を増し、各社はこれまでに開発してきた製品をより磨き上げるべく、日夜開発に取り組んでい...

アリババ、中国全土の道路をスマート化? 自動運転分野の研究加速

中国・電子商取引(EC)最大手のアリババ・グループ・ホールディング(本社・浙江省/会長:ジャック・マー)の研究開発組織である「アリババDAMOアカデミー」は2018年9月13日までに、中国政府とともに「車路協同連合実験室」を立ち上げ...

シェアサイクル世界大手の中国ofoが近く資金調達か ライドシェア大手DiDi...

シェアサイクル世界大手の中国ofo(小黄車) が数億ドルを調達することが、2018年9月10日までに明らかになった。中国メディア36Krの日本版「36Kr Japan」が報じた。報道によると、中国のライドシェア大手・滴滴出行(DiD...

中国アリババ集団、AI自動運転分野に参入 出資先のスタートアップ小鵬汽車、シ...

中国の電子商取引(EC)最大手アリババ集団(本社:浙江省/会長:ジャック・マー)が、自動運転分野に本格的に参入する。中国の交通運輸省と自動運転で協力し、中国国内における自動運転車の普及を後押しする。 アリババが出資し、「中国の...

【2018年夏 最新版】自動運転業界マップをリリース! 全138企業・大学・...

自動運転専門ニュースメディア「自動運転ラボ」は2018年7月17日、自動運転車の開発に携わる大手企業やスタートアップ企業、大学、自動運転関連企業に出資するファンドなどをまとめた「自動運転業界マップ〜2018年夏 最新版」をリリース致...

中国、自動運転走行テストのガイドライン発表 非公共ゾーンでの事前試走義務付け...

中国政府はこのほど、自動運転車の公道試走に関するガイドラインを発表した。米国や欧州、アジア各国で自動運転技術の開発が進む中、世界的な自動運転車の市場競争に出遅れないよう、今後、法整備を含めた自動運転車に関連する環境整備を加速させたい...