アライアンス

トヨタ第2四半期決算、純利益累計1.2兆円 新分野に自ら挑戦…自動運転含むC...

トヨタ自動車(本社:愛知県豊田市/ 取締役社長:豊田章男)は2019年11月7日、2020年3月期の第2四半期決算(2019年7〜9月)=米国基準=を発表した。 第1四半期からの累計の売上高は前年同期比4.2%増の15兆2855億円、...

三菱自動車のコネクテッドサービスまとめ 次世代自動車向けにどう開発?

仏ルノー、日産自動車とともに世界トップを争うアライアンスを形成する三菱自動車。カルロス・ゴーン前会長の逮捕に端を発するルノーと日産の主導権争いはなかなか沈静化しないが、アライアンスのステークホルダーとして、また三菱自動車という一つの...

日産のコネクテッド機能「NissanConnect」を徹底解説 自動運転も視...

運転支援システム「プロパイロット2.0」や電気自動車(EV)「リーフ」など、先進的な研究開発と実用化を進める日産自動車。カーシェアリング事業にも本格的に参入し、CASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)のうち3つは順調...

自動運転業界ランキング:トヨタ自動車は9位、1位は? 米調査会社がトップ20...

米調査会社のNavigant Research(ナビガント・リサーチ)が2019年3月、2019年第1クォーターの報告として「2019自動運転車リーダーボード」を発表した。20社(組)の大手自動運転システム開発会社を対象に市場戦略や...

日産ルノー三菱、コネクテッドカー向けの新プラットフォームを立ち上げ

仏ルノー、日産自動車、三菱自動車の3社は2019年3月22日までに、自動車コネクテッドサービスの新しいプラットフォーム「アライアンス・インテリジェント・クラウド」の立ち上げを発表した。このプラットフォームにより3社が自動車販売を行う...

オープンソース「歴史上必ず勝る」…自動運転OSの第一人者・ティアフォー加藤真...

「ソフトウェアの歴史上、オープンソースじゃないソフトウェアがオープンソースのソフトウェアにシェアで打ち勝ってきた例はほとんどない」 自動運転ソフトウェア開発の第一人者である加藤真平氏(ティアフォー社会長)は2019年2月21日...

「次世代自動運転・コネクテッドカー・カンファレンス」、2月22日に名古屋で開...

「次世代自動運転・コネクテッドカー・カンファレンス2019」が2019年2月22日(金)、愛知県名古屋市で開催される。デンソーなどこの領域でビジネスを行う企業・団体の経営者や担当者のほか、名古屋大学などの研究者や国土交通省の担当者な...

ルノー日産三菱の3社連合、育ててきた自動運転事業はどうなってしまうのか

ルノー・日産・三菱アライアンスの代表を務めるカルロス・ゴーン氏の逮捕劇に、3社連合が揺れている。さまざまな思惑が交差する各社の動向に加え、日仏政府も交えた主導権争いが繰り広げられており、内乱が長引くようなことがあれば経営に甚大なダメ...

【最新版】中国のDiDi Chuxing(滴滴出行)完全解説 ライドシェア・...

5.5億人が利用する世界最大規模の交通プラットフォーム「DiDi」を世界400都市以上で提供している中国のライドシェア大手DiDi Chuxing(滴滴出行/ディディチューシン)。2012年の創業からわずか6年で世界各国に進出し、2...

マツダ、コネクティビティ技術の戦略公表 トヨタとのアライアンス最大限活用

自動車メーカー大手のマツダ株式会社(本社:広島県府中町/代表取締役社長兼CEO:丸本明)は2018年10月5日までに、電動化とコネクティビティ技術に関する戦略を公表した。 コネクティビティ技術においては、コネクテッドカー(つな...