タクシー配車アプリ「Uber Taxi」、広島市などでも利用可能に

仙台や青森、郡山などに続き





出典:Uber Japanプレスリリース

ライドシェア世界最大手の米ウーバーの日本法人Uber Japanは2019年4月9日、同日から広島市と安芸郡(広島県)でも同社が展開するタクシー配車アプリ「Uber Taxi」が利用できるようになったことを発表した。

発表によれば、第一交通産業とNISIKIタクシーの車両を配車可能だという。Uber Taxiはこれまで、名古屋と大阪、仙台、青森、郡山で提供されている、同社は「日本全国でご利用いただけるようにするためタクシー会社との協業に注力しています」としている。







発表によれば、Uberが1都市で複数のタクシー会社と提携するのは今回が初めての取り組み。







関連記事