ソニーとヤマハ発動機、沖縄で自動運転エンタメ車両の乗車イベント

自動運転方式は「電磁誘導+RFID」





出典:ヤマハ発動機プレスリリース

ソニー株式会社(本社:東京都港区/代表取締役:吉田憲一郎)とヤマハ発動機株式会社(本社:静岡県磐田市/代表取締役:日髙祥博)が共同開発した自動運転技術搭載のエンターテイメント用車両「Sociable・Cart」(SC-1)の体験乗車イベントが、沖縄県にあるリゾート施設「カヌチャリゾート」で2019年11月1日から開始される。

SC-1は自動運転機能を搭載しており、その方式については「電磁誘導+RFID(無線自動識別)」とされている。このうち電磁誘導とは、道路に敷設した電磁誘導線と車両の下部に設置した磁気マーカーによって車両の位置を特定する仕組みで、イベントでは自動運転機能を作動させながら「融合現実映像」を楽しむことができるという。







SC-1の特徴は、窓をなくす代わりに高精度ディスプレイを設置することで、様々なアニメーションや広告配信ができる点にある。

同社は報道発表では「カメラで捉えた車両の前後左右の様子や走行場所に応じた様々な映像、融合現実映像を映し出すことができ」と説明されている。







関連記事