JR九州と西鉄、MaaSアプリ提供へ?MoU締結、交通サービスで連携

持続可能なネットワーク構築目指す





ともに福岡県福岡市に本社を置く鉄道会社の九州旅客鉄道(JR九州)と西日本鉄道(西鉄)は2019年10月25日までに、輸送サービスにおける連携に関する覚書(MoU)を締結したと発表した。







まずMaaS(Mobility as a Service)の活用について共同で検討を進め、両社が有する交通手段に関する情報提供サービスを展開するようだ。報道発表ではその一例としてMaaSアプリの提供を挙げている。

その後は「利便性が高い持続可能な公共交通ネットワーク」の構築を目指すとしており、新しいテクノロジーを活用した輸送サービスの実現も掲げている。報道発表では具体的に言及はされていないが、自動運転を活用した輸送サービスを検討している可能性もある。

さまざまな交通サービスを統合するMaaSについては、いま日本の各地で実証実験が積極的に行われている。JR各社を含む鉄道大手各社による実証実験も多く、鉄道だけではなくバスやタクシー、シェアサイクル、シェアカーなども巻き込んだ統合プラットフォームの開発も進められている。







関連記事