私の父もGM社長だった…新人事でマーク・ロイス氏が悲願 自動運転部門クルーズへの異動関連人事

品質管理の最新責任者に





マーク・ロイス氏=出典:GMプレスリリース

米自動車大手メーカーのGMは2019年1月6日までに、新社長にマーク・ロイス上級副社長を就任させる人事を発表した。ロイス氏はGMの品質部門での最高責任者となる。ロイス氏の父は1990年から1992年までGMで社長を務めており、親子でGMの要職に就いた形となった。

ロイス氏はこれまでGMのグローバル製品部門で活躍し、同社の高級車ブランド「キャデラック」部門でも手腕を発揮してきた。GMのメアリー・バーラ最高経営責任者(CEO)は人事の発表に合わせ、ロイス氏の製品知識やリーダーシップなどを評価するコメントを述べている。







前社長のダン・アンマン氏はGM傘下の自動運転開発子会社「クルーズ」の社長に任命されている。

【参考】関連記事としては「GM、自動運転子会社にCEO派遣 クルーズ、企業価値1.6兆円に」も参照。







関連記事