車中泊スポットシェアのCarstay、3000万円の資金調達 MaaSサービスとして注目集める

フロントエンドエンジニアの採用強化





出典:Carstayプレスリリース

車中泊スポットのシェアサービス「Carstay(カーステイ)」を提供するCarstay株式会社(本社:東京都新宿区/代表取締役:宮下晃樹)は2019年4月25日、3000万円の資金調達を行ったことを発表した。

同サービスは2019年1月から提供が開始されており、MaaS的サービスの一つとしても注目を集めている。発表によれば、ライフタイムベンチャーズ(本社:東京都港区/代表パートナー:木村亮介)と株式会社メルカリの原田大作氏から資金調達を行ったという。







調達した資金を使い、フロントエンドエンジニアの採用を強化するという。同社は「さらなる成長を通じて、ミッションである『快適な移動と感動体験を創出』の実現を目指します」としている。

発表によれば、現在はCarstayで100拠点を超える全国のスポットが、周辺地域の観光資源とともに多言語で登録されている。







関連記事