ソニー、東京のタクシー5社とAI需要予測や配車サービス みんなのタクシー社、事業会社に移行

2018年度中に提供開始へ


ソニーグループと都内のタクシー会社5社が2018年度中に、人工知能(AI)技術を活用したタクシー関連サービスを誕生させる。ソニーのAI技術やイメージング・センシング技術を活用して新たな配車サービスや需給予測サービス、決済代行サービス、後部座席広告事業を展開し、乗客の利便性向上を目指す。







サービスの提供主体は、2018年5月に「準備会社」という枠組みで設立されたみんなのタクシー株式会社(本社:東京都台東区/代表取締役社長:西浦賢治)。同社は2018年9月9日までに準備会社という形態を事業会社に移行したことを発表しており、本格的な事業展開に向けて舵を切った形だ。

このプロジェクトはソニーペイメントサービスを含むソニーグループが主導し、都内に本社を構える株式会社グリーンキャブ、国際自動車株式会社、寿交通株式会社、大和自動車交通株式会社、株式会社チェッカーキャブのタクシー会社5社が参画。5社が所有する車両数の合計は1万台に上る。

今後、参画を希望する全国のタクシー会社が利用できるプラットフォームの構築とサービスの開発を進める。多数のタクシー会社がその枠を超えてこのサービスを活用することにより、ユーザーのニーズに合わせた台数のタクシーを手配できるなどの利便性向上を目指し、タクシー事業者の連携強化、高付加価値のサービスの提供を図る。







関連記事