来年の東京モーターショー、2019年10月24日〜11月4日に決定 自動運転技術などに注目

前回より開催日数2日長くなる


日本自動車工業会(所在地:東京都港区/会長:豊田章男)は2018年10月16日までに、「第46回東京モーターショー2019」の開催日程を2019年10月24日(木)から11月4日(月・祝)までと発表した。前回と比べると開催期間が2日長く設定されている。







第46回東京モーターショーを主催するのは日本自動車工業会。協賛には、日本自動車部品工業会や日本自動車車体工業会、日本自動車機械器具工業会、日本自動車輸入組合が名を連ねている。

一般公開は10月25日の午後2時から。公開時間は月〜土曜は午前10時から午後8時、日曜・祝日は午後6時までとなる。10月23日と24日はプレスデーや特別招待日などとなっている。メインとなる会場は東京ビッグサイト(所在地:東京都江東区有明)だ。

2017年に行われた「第45回東京モーターショー2017」の来場客数はおよそ77万人で、世界10カ国から計150社が集い、自動車関連の最新技術などをお披露目した。2019年の東京モーターショーでは次世代自動車に関連する最新の自動運転技術やコネクテッド技術、セキュリティ技術、人工知能(AI)技術などが大きな注目を集めそうだ。

【参考】詳細については日本自動車工業会の公式プレスリリース「第46回東京モーターショー2019-東京ビッグサイトを中心に2019年10月24日に開幕-」も参照。







関連記事