ヤマハ発動機、自動飛行可能な新型農業用ドローンを発売!

専用ソフト「agFMS」搭載のYMR-08AP





出典:ヤマハ発動機プレスリリース

ヤマハ発動機株式会社(本社:静岡県磐田市/代表取締役社長:日髙祥博)は2020年3月29日までに、農業用ドローンのラインアップに「自動飛行」が可能な「YMR-08AP」を加え、販売を開始すると発表した。

YMR-08APは2019年3月に発売開始した「YMR-08」の改善版で、自動散布(オートパイロット)による作業の効率化・省人化をサポートするモデルとなる。1回のフライトで1ヘクタールの連続散布が可能だという。







農業に特化した専用ソフト「agFMS」(Agriculture flight management system)を搭載し、自動飛行を支える機能を多数搭載している。主な機能例としては次の通りだ。

・高精度な測位が可能となるRTK方式を採用
・専用ソフト「agFMS」による2つの簡単ルート作成(基準局・測量モジュールによる散布ルートの自動生成、飛行軌跡の保存が可能/MAP上での散布ルートの自動生成、飛行軌跡の保存が可能)
・散布ルートによる圃場内飛行(加速/減速域含む)
・枕地散布不要なルート設定
・GPS制御不可時の位置保持機能(ホバリング)

ヤマハ発動機はYMR-08APの投入を通じ、農業のスマート化をサポートしていきたい考えだ。なおメーカー希望小売価格は206万2500円(税込)で、販売台数は1年間で50台の予定だという。

■「ドローン×自動飛行」、貨物輸送や日用品配達でも

日本を含む世界各地で、ドローンと自動飛行を組み合わせた取り組みが加速している。

例えば、大手航空機メーカーのベルヘリコプターは昨年、貨物輸送ドローンの自律飛行試験に成功している。使用した新型ドローン「APT70」の最高時速は約160キロ程度で、30キロの貨物を搭載できるという。

楽天は今年1月、完全自動飛行のドローンで食品や日用品を配送する実証実験を三重県志摩市で実施した。離島に住む住民に注文商品をドローンで届ける取り組みで、実証実験は成功裏に終わった。過去にも同様の実証実験を行っており、その様子は下記のYouTube動画から観ることができる。

このようにドローンを自動飛行させる技術は、貨物輸送や日用品配達、そして農業など、さまざまな業界で開発が進んでいるわけだ。「ドローン×自動飛行」はアイデア次第でまだまだたくさんの活用方法がありそうだ。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事