TRI-AD

トヨタのWoven Planet Group、1月29日に重大発表!?ウェブ...

トヨタ自動車の自動運転関連ソフトウェアやスマート・シティなどの新領域を手掛けるWoven Planet Group(ウーブン・プラネット・グループ)が、2021年1月29日(金)午後1時半から、オンラインにてオープニングイベント「T...

トヨタWoven Cityが革新牽引【最前線「自動運転×スマートシティ」 第...

まもなく着工を迎えるトヨタ主導の実証都市「Woven City(ウーブン・シティ)」。着工は2021年2月23日となる可能性が高く、その前後から徐々にまちの概要が明かされていくものと思われる。 Woven Cityでは自動運転...

ドライブレコーダーが収集してきたデータ、今後収集するデータ(深掘り!自動運転...

車載オプションとして近年人気を集めているドライブレコーダー。事故や事件に巻き込まれた際の証拠映像としての役割が人気の背景にあるが、新たな時代に向けさらなる進化を遂げつつある。 自動運転やコネクテッドカーが勢力を増すこれからの時...

自動運転で使う高精度3D地図データ、その作製方法は?(深掘り!自動運転×デー...

自動運転技術の実用化に伴って重要となってくるのが「高精度3次元地図」(高精度3Dマップ)だ。そんな高精度3次元地図はどのように作製されているのだろうか。具体的に解説していこう。 ■高精度3次元地図の作製 MMS(...

自動運転時代、ドラレコが進化!求められる性能は?(深掘り!自動運転×データ ...

自動運転やADAS(先進運転支援システム)の進化は、ドライブレコーダーにも及んでいるようだ。車内外に向けられたカメラをセンサーとして活用し、前方車両の検知機能やドライバーモニタリングシステム(DMS)などを搭載したモデルが増加してい...

自動運転に適した場所を自動判断!?地図大手TomTomが新製品「TomTom...

オランダの地図情報サービス大手のTomTom(トムトム)は2020年9月13日までに、「TomTom RoadCheck」を発表した。自動運転機能が安全に使用できる場所を判断する製品で、自動運転機能の「運行設計領域」(ODD)の定義...

自動運転ベンチャーに資金調達の大チャンス!トヨタが8億ドル規模「Woven ...

自動運転関連ソフトウェアの先行開発を行うトヨタ・リサーチ・インスティテュート・アドバンスト・デベロップメント株式会社(本社:東京都中央区/最高経営責任者:ジェームス・カフナー)=TRI-AD=は2020年9月15日までに、運用総額8...

AMPとは?トヨタTRI-ADの自動運転向け自動地図生成プラットフォーム

自動運転の実現に向け、高精度3次元地図の整備が進められている。国内では、全国の高速道路・自動車専用道約3万キロのイニシャル整備がすでに完了しており、今後は定期更新作業や一般道のマッピングなどが行われていく見込みだ。 膨大な作業...

トヨタ自動運転子会社TRI-AD、「SmartCityX」参画で未来の街作り...

自動運転関連ソフトウェアの先行開発を担うトヨタ・リサーチ・インスティテュート・アドバンスト・デベロップメント株式会社(本社:東京都中央区/CEO:ジェームス・カフナー)=TRI-AD=は2020年8月31日までに、東京にも拠点を有す...

トヨタの章男社長、「ウーブン」に込めた自動運転にかける思い

トヨタ・リサーチ・インスティテュート・アドバンスト・デベロップメント株式会社(本社:東京都中央区/代表取締役:奥地弘章)=TRI-AD=は、自動運転関連ソフトウェアの先行開発を行うトヨタ自動車の子会社だ。 TRI-ADは2020年7月...