SUV

世界初「自動運転レベル4市販車」、中国・百度が発売へ

中国IT大手の百度(バイドゥ)は2022年6月15日までに、2022年末までに予約受け付けを開始する自動運転EV(電気自動車)のプロトタイプを公開した。 この車両はSUV(多目的スポーツ車)「ROBO-01」のプロトタイプで、...

Amazonの無人デリバリー車両、「トヨタ車」採用の現実味 自動運転試験を拡...

EC(電子商取引)世界最大手の米Amazonは、将来的に自動運転配送車を導入することで、増え続ける配送需要に対応しようとしている。もちろん、こうした車両を導入した方が輸送コストを抑えることができることも見越している。 そして将...

中国SAICの新EVに秘める実力 自動運転、車内パーソナライズ、OTAが実現...

中国自動車メーカーの「ビッグ5」の1社である上海汽車集団(SAIC)が、アリババと共同で新しいプレミアムEV(電気自動車)ブランド「IM」を発表し、その内容に注目が集まっている。 NVIDIAの最新のコンピューティングプラット...

米ウーバー、自動運転実証をお膝元サンフランシスコで再開

ライドシェア最大手・米ウーバーの自動運転開発部門「アドバンスト・テクノロジーズ・グループ(ATG)」は2020年3月12日までに、サンフランシスコにおける自動運転車の公道実証実験を再開した。米メディアが報じた。 ウーバーは20...

オープンソースが武器!コネクテッド組織AGL、米CESでデモ展示 トヨタなど...

コネクテッドカー向けオープンプラットフォームの共同開発プロジェクトとして知られる「Automotive Grade Linux」(AGL)。オープンソースのソフトウェアであるLinux(リナックス)を自動車領域で応用することを促進し...

ボルボ・カーズ、ウーバーの自動運転システムを搭載可能なSUVを発表

ボルボ・カーズは2019年6月13日、米ライドシェア大手ウーバー・テクノロジーズが開発する自動運転システムの搭載を可能にするSUV(多目的スポーツ車)生産車「XC90」を発表した。 発表によれば、ウーバーが開発する自動運転シス...

車載AI向けの音声取得技術で、オンキヨーが中国・奇点汽車を支援 自動運転でも...

オーディオ機器大手のオンキヨー株式会社(本社:大阪府大阪市/代表取締役社長CEO:大朏宗徳)は2019年6月2日までに、中国の新興スマートEV(電気自動車)ブランド「奇点汽車」に対し、オンキヨーが得意とするAI(人工知能)向け音声の...

VW、電動の自動運転SUVコンセプトカー「ID. ROOMZZ」発表

ドイツの自動車メーカー大手のフォルクスワーゲン(VW)は2019年4月25日までに、自動運転機能を備えた新型の電動SUV(多目的スポーツ車)コンセプトカー「ID. ROOMZZ(アイディ. ルームス)」を発表した。 車両には独...

韓国ヒュンダイ、自動運転タクシーを2021年から提供へ 年初講演で発表

韓国の現代(ヒュンダイ)自動車が2021年に自動運転タクシーのパイロット事業に乗り出す。同社の鄭義宣(チョン・ウィソン)副会長が2019年1月2日の年初講演で明らかにした。 鄭副会長の講演によれば、自動運転タクシーのパイロット...

【インタビュー】自動運転車やつながるクルマ向けにサイバーセキュリティ事業 W...

「つながるクルマ」と呼ばれるコネクテッドカーや自動運転車と従来の自動車には、決定的なある違いがある。それは高度なサイバーセキュリティが求められることだ。もし車が外部からハッキングされて自由に操られたら…。考えただけでも恐ろしい。 ...