ODD

自動運転、レベル3とレベル4の違いは?(2023年最新版)

レベル0から5まで6段階に区切られた自動運転レベル。現在、自家用車へのレベル3搭載がスタートしたほか、移動サービスや輸送サービスの用途でレベル4の開発・実用化が進められている。 レベル3は自家用車向け、レベル4はサービス用途向...

自動運転レベルとは?(2023年最新版)

自動運転レベルは、運転の主体や自動運転の技術到達度、走行可能エリアなどによって、「レベル0」から「レベル5」の6段階に分類されている。2023年1月現在、レベル3の機能を搭載した市販車の販売はすでに始まっており、レベル4の自動運転タ...

自動運転、ヒューマンエラーによる事故パターン(2022年最新版)

国内外で社会実装が進み始めている自動運転技術。交通事故を減らし、また人手不足を補う技術として早期普及に期待が寄せられている。 実用化が始まったばかりの現在においては、自動運転システムは未完であり、まだまだ改良の余地がある。実用...

自動運転の難易度、6つの評価軸(2022年最新版)

自動運転レベル3の解禁や限定領域における自動運転レベル4の導入が、国内でも2020年に始まろうとしている。自動運転元年がまもなく到来するのだ。 レベル3は一般的に高速道路をはじめとした自動車専用道路において、またレベル4は道の...

自動運転船、国・民間の取り組み解説(2022年最新版)

自動運航船の実用化に向けた取り組みが着々と進んでいるよう。国土交通省海事局が公表している「自動運航船の実用化に向けたロードマップ」によると、自動運航船の実用化目標は2025年に定められている。 この記事では2022年12月時点...

自動運転車のシート、最終形は「飛行機のファーストクラス」説

自動車の内装品開発・製造を手掛けるテイ・エステック株式会社(本社:埼玉県朝霞市/代表取締役社長:保田真成)はこのほど、東京都内で次世代車室内空間発表会を開催した。 自動運転をはじめとした次世代モビリティは、車内における過ごし方...

沖縄、自動運転解禁&MaaS実装に「ぴったりサイズ」!?

日本航空(JAL)が展開する「JAL MaaS」の対象エリアに新たに沖縄が加わったようだ。2022年11月から沖縄地区の多様な交通事業者との連携を開始し、空の移動と陸の移動を結び付け利便性を高めていく狙いだ。 沖縄本島を中心に...

自動運転レベル4でできることは?(2022年最新版)

運転操作におけるドライバーの負担を軽減するADAS(先進運転支援システム)。技術が高度化すると自動運転となり、システムがドライバーの役割そのものを担うことが可能になる。 システムが運転操作を代替する自動運転中、ドライバーは運転...

自動運転と駐車(2022年最新版) 技術や業界動向は?

商用車におけるレベル4の実用化が進展する中、一般乗用車におけるレベル4実用化への注目も高まり始めている。ODD(運行設計領域)設定が複雑で、手動運転と両立する必要があるオーナーカーのレベル4はハードルが高いが、すでに実用化域に達し始...

自動運転、レベル4とレベル5の違いは?(2022年最新版)

ドライバーレス走行を実現する自動運転レベル4の実用化が海外で加速している。国内でも車内無人化を実現する技術開発と環境整備が進められており、各地の実証も新たなフェーズを迎えつつある。 現状、「自動運転=レベル4」のイメージが強い...