Grab(グラブ)

ソフトバンクG、インドネシアに5年間で20億ドル投資 出資先のライドシェア大...

ソフトバンクグループ(SBG)は今後5年間で、インドネシアで20億ドル(約2160億円)規模を投資する。報道などによれば、孫正義会長がインドネシアを訪れて同国のジョコ・ウィドド大統領と会談し、その意向を伝えたようだ。 投資は、...

トヨタ、中国のライドシェア最大手・滴滴出行に出資か

トヨタ自動車が中国のライドシェア最大手・滴滴出行(Didi Chuxing)への出資を検討しているようだ。日本経済新聞が2019年5月29日に報じた。 報道によれば、出資額は600億円程度になる見込みだという。合弁会社を立ち上...

資金調達、上場、株価下落…ウーバー時系列ドキュメント ライドシェア、そして自...

2019年5月10日、米ライドシェア大手のUber Technologies(ウーバー・テクノロジーズ)が満を持して株式上場を果たした。長らくユニコーン企業トップの座に君臨してきた同社が、ついに証券取引市場に足を踏み入れた。 ...

ライドシェアの主なトラブル事例・問題・事件まとめ

解禁の是非が問われ続ける有償ライドシェア。現状、海外でも賛否が分かれる一方、その市場規模は大きな伸びを見せ続けている。 社会認知度と受容性の高まりが市場に反映された結果だが、それではなぜライドシェアは解禁されないのか。反対論者...

配車大手グラブの企業価値、1.5兆円に ビジョン・ファンドが1600億円を追...

シンガポールの配車大手グラブの企業価値が140億ドル(約1.5兆円)に達したと、複数の海外メディアが同社の関係筋の話として2019年3月11日までに報じた。 同社の市場価値は2018年後半で110億ドルとされていた。グラブは先...

トヨタ系2018年10〜12月期の決算まとめ 自動運転やMaaS分野で来期に...

トヨタ自動車グループ主要8社の2019年3月期における第3四半期(2018年10〜12月期)の決算が出揃った。米国・中国を中心に不透明感を増す世界の市場において、今期はどのような業績を残したのか。 本家本丸のトヨタ自動車と自動...

自動運転の覇権争いは三つ巴…各陣営の企業まとめ 提携・アライアンスの現状は?...

ルノー・日産・三菱アライアンスが米グーグルの自動運転開発部門・ウェイモと協業に向けた話し合いを進めている旨の報が流れている。自動運転タクシーの実現など自動運転分野で存在感を増すウェイモと、自動車販売台数世界2位を誇る自動車連合が手を...

【決算深読み】トヨタのMaaS戦略「3つのアプローチ」とは?

トヨタ自動車株式会社(本社:愛知県豊田市/代表取締役社長:豊田章男)は2月6日に行われた2019年3月期第3四半期(2018年4月1日~12月31日)の決算発表で、「MaaS戦略のアプローチ」と題し、地域や市場に合わせ3つのアプローチを推進...

トヨタのAutono-MaaS事業とは? 自動運転車でモビリティサービス

近年、MaaS(Mobility as a Service)を意識した戦略を強めているトヨタ自動車。豊田章男社長は、2018年5月発表の決算説明会の席で「自動車をつくる会社からモビリティ・カンパニーにモデルチェンジする」と宣言してお...

【最新版】トヨタのe-Palette(イーパレット)とは?多目的自動運転EV...

次世代のモビリティの在り方を象徴するモデルとして、トヨタ自動車が2018年に発表した「e-Palette」。転換期を迎えつつある自動車社会において同社の命運を握る「カギ」と言っても過言ではない存在で、無限の可能性を秘めたコンセプトモ...