GPS(全地球測位システム)

自動運転、車載機器の最重要5パーツをピックアップ!ストレージやセンサー…(深...

日本神話に「三種の神器」という宝器がある。これが転義され、1950年代には電気冷蔵庫、電気洗濯機、テレビが家電における三種の神器と呼ばれるようになり、急速な普及を見せた。2000年代には、デジタルカメラ、DVDレコーダー、薄型大型テ...

トーイングトラクター自動運転@空港、4グループの進捗明らかに

国土交通省はこのほど、空港内における自動運転技術の導入を目指し実証を進めているトーイングトラクター自動走行実証実験の進捗報告を発表した。 自動運転の早期実現において最有力候補に名を連ねる空港。広い敷地と管理が行き届いた制限区域...

浜松市が支援決定!「格安自動運転」の香港PerceptInの凄み

静岡県浜松市は2019年12月10日までに、2019年度から実施している「浜松市実証実験サポート事業」において、自動運転システム実証プロジェクトを提案した合同会社PerceptIn Japan(本社:東京都千代田区/代表:シャオシャ...

安く確実な「磁気マーカー型」で自動運転バス実証 群馬で実施

群馬県と群馬大学、関越交通が2019年12月12〜25日まで、県内の公道で路線バスの自動運転実証を実施する。路面に設置する磁気マーカーを使う「路車間協調技術」による自動運転となり、GPS(全地球測位システム)の受信状況に影響を受けず...

GPSが使えないトンネルで、ドローンの自動運転飛行に成功!ゼンリンデータコム...

ゼンリン子会社の株式会社ゼンリンデータコム(本社:東京都港区/代表取締役社長:清水辰彦)と北海道旅客鉄道株式会社(本社:北海道札幌市/代表取締役:島田修)=JR北海道=は2019年11月20日までに、GPS(全地球測位システム)が使...

自動運転時代の道路空間、中間とりまとめ案の中身は?

国土交通省は2019年11月6日に「自動運転に対応した道路空間に関する検討会(第4回)」を開催した。国土交通省は中山間地域での道の駅を拠点とした自動運転サービスの実証実験などを行い、自動運転の早期実現に向け取り組んでいる。 検...

マクニカとPerceptIn、自動運転の小型ロボタクシー事業化へ協業

自動運転領域にも力を入れる半導体商社の株式会社マクニカ(本社:神奈川県横浜市/代表取締役社長:原一将)は2019年11月7日、自動運転の小型ロボットタクシーを活用したモビリティビジネスの創出を目指し、香港に本社を置くPerceptI...

公園をスマート化!低速自動運転のロボタクシー、奈良で登場!

香港に本社を置く自動運転スタートアップPerceptIn(パーセプティン)の日本法人と、自動運転領域にも力を入れる半導体商社のマクニカ(本社:神奈川県横浜市/代表取締役社長:原一将)は2019年11月9日から、奈良県の平城宮跡歴史公...

自動運転車に搭載必須のハードウェアまとめ

先進運転支援システム(ADAS)の搭載も珍しくない状況になってきている中、完全自動運転車の開発に向け、世界中で車載ハードウェアの開発が進められている。 自動運転車の安全走行を実現させる上で欠かせないハードウェアは多々ある。「カ...

自動運転に対応した道路インフラ、政府目標をどう実現させる?

国土交通省は2019年10月7日、第3回目となる「自動運転に対応した道路空間に関する検討会」を開催した。この検討会で配布された資料「自動運転に対応した道路空間のあり方 中間取りまとめ たたき台(案)」がこのほど公開された。 中...