DiDi に関する記事

究極の形から始める…DeNAの0円タクシー、会見後に語られた真の狙い

「こういった究極の形からはじめていく」 DeNAがタクシー配車アプリ「MOV(モブ)」の東京展開において、広告宣伝費で乗車料金を無料にする「0円タクシー」という衝撃的なマーケティング施策を発表した2018年12月5日。記者会見...

ウーバー、タクシー配車サービスで大阪進出 名古屋に続き日本2カ所目 未来都と...

米ライドシェア大手ウーバー・テクノロジーズは2018年12月3日、大阪のタクシー会社である株式会社未来都と協業し、2019年1月ごろから大阪でタクシー配車サービスをウーバーのアプリを通じて展開すると発表した。 ウーバーは201...

【インタビュー】変動料金やAI需給予測…革新×伝統で変革期勝ち抜く 大和自動...

自動運転技術を搭載した無人タクシーの開発が進み、ライドシェアなども世界的に普及する中、タクシー業界が永続的な存続・発展に向けた新たな取り組みに挑んでいる。 そんな中、東京唯一の上場企業である大和自動車交通株式会社(本社:東京都...

タクシー業界、進むキャッシュレス化 PayPay、第一交通が導入開始 決済サ...

タクシー業界でキャッシュレス化が進んでいる。クレジットカードをはじめ、「Suica(スイカ)」などの電子マネー、「Apple Pay」や「Google Pay」といったスマホ決済などが浸透しており、2018年11月にはQRコード決済...

早く来たTaxiだけに乗車 配車アプリ複数使う”裏技”...

複数の配車アプリを使ってタクシーを呼び、一番早く到着したタクシーに乗って他はキャンセル——。日本国内でタクシー配車アプリの数が増える中、こうした使い方をするユーザーが目立つようになり、タクシー業者が悲鳴をあげている。 デン...

ジーニー社、タクシー配車サービス向けに広告配信プラットフォームを開発

マーケティング支援システム事業などを手掛ける株式会社ジーニー(本社:東京都新宿区/代表取締役社長:工藤智昭)は2018年11月14日、タクシー配車サービス向けに広告配信プラットフォームを開発したと発表した。今後の市場拡大を見越した動...

ソフトバンク・ビジョン・ファンドとは? 自動運転やライドシェア領域での投資状...

ソフトバンクグループが2017年にスタートした「ソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)」。2018年度の第2四半期ですでに巨額の営業利益を生み出しているが、同社の狙いは目先の利益ではない。あくまで将来に向けた投資だ。 今回...

DiDiモビリティジャパン、毎週金土はタクシー初乗り無料に 大阪で期間限定実...

毎週金土のタクシー初乗りを無料にする——。かなりの攻めのプロモーションをソフトバンクと中国ライドシェア最大手・滴滴出行(Didi Chuxing)の合弁会社が大阪で2018年11月9日から開始する。タクシーの初乗り料金が無料になるキ...

中国のDiDi Chuxing(滴滴出行)完全解説 ライドシェア・配車事業、...

5.5億人が利用する世界最大規模の交通プラットフォーム「DiDi」を世界400都市以上で提供している中国のライドシェア大手DiDi Chuxing(滴滴出行/ディディチューシン)。2012年の創業からわずか6年で世界各国に進出し、2...

ビジョンファンドの営業利益、ソフトバンク本体超えの6324億円 ライドシェア...

ソフトバンクグループ株式会社(本社:東京都港区/代表取締役会長兼社長:孫正義)は2018年11月5日、2018年4〜9月期の連結決算(国際会計基準)において、自動運転やAI(人工知能)領域も投資対象としている10兆円規模の同社ファン...