AI(人工知能)

自動運転が抱える5つの課題とは? AIの完成度やハッキング対策…

今や人間の社会生活になくてはならない存在となった自動車。急速に発展を遂げる自動運転技術により、この自動車を取り巻く環境が大きく変わろうとしている。多くのメリットがあるからこそ業界をあげての開発競争が進んでいるわけだが、まだ見ぬ不確定...

月往復10,000回分を自動運転で仮想走行 グーグル系ウェイモ

米グーグル系の自動運転車開発企業Waymo(ウェイモ)社の自動運転シミュレーションにおける総走行距離が、50億マイル(約80億キロメートル)に達した。これは、地球から月への往復距離1万回分に相当する距離だ。Googleが2018年5...

デンソーと覇権争う独ボッシュ、米シリコンバレーに自動運転・AIの新開発拠点

自動運転車の部品・技術開発も手がけるドイツのボッシュ社は2018年4月、自動運転やAI(人工知能)、センサーなどの開発を進める技術研究センターを、新たに米シリコンバレーの中心地域にあるサニーベルに開所したと発表した。報道発表によると...

自動車ベンチャーのAZAPA、パナソニックと運転支援分野の開発などで資本提携...

パナソニック株式会社(本社・大阪府門真市/代表取締役・津賀一宏)と自動車ベンチャーのAZAPA株式会社(本社・愛知県名古屋市/代表取締役・近藤康弘)は4月10日、資本業務提携を発表した。パナソニックの出資額は明らかになっていないが、...

GPSなしで自動運転できる技術 Slush Tokyo 2018で独AIスタ...

世界各国から80社のスタートアップ企業が参加した3月28〜29日開催(東京ビッグサイト)の「Slush Tokyo 2018」のピッチコンテストで、自動運転関連技術を手掛けるAIスタートアップ企業が優勝を果たした。 優勝したの...

独BMWがドイツ国内に自動運転研究センター 開発拠点集約で実現に向けて加速

ドイツの自動車メーカー大手BMWグループは4月11日、ドイツ国内のバイエルン州の州都ミュンヘンの郊外に、自動運転車の実現に向けた新たな研究センターを開所したと公式サイトで報道発表を行った。 研究センターの広さは2万3000平方...

AI研究のアセントロボティクスが11億円調達、自動運転実験や技術者採用など加...

人工知能(AI)テクノロジーの研究・開発(R&D)を手掛けるアセントロボティクス株式会社(本社・東京都渋谷区/代表取締役・石﨑雅之)は2018年3月、約11億円の第三者割当増資を実施したと発表した。この資金により、自動運転の...

車載向けマルチメディアソリューション提供を開始 情報・通信業のACCESS社...

情報・通信業を手掛ける株式会社ACCESS(本社・東京都千代田区/代表取締役・大石清恭)は2018年4月16日、車内で人が自由に時間を過ごせる自動運転車が実現する将来も見据え、新たな車載向けマルチメディアコンテンツ共有ソリューション...

AI活用した自動運転ソリューション提供も 半導体事業のマクニカ社が発表

半導体やネットワーク機器の開発・販売事業に取り組む株式会社マクニカ(本社・神奈川県横浜市・代表取締役・中島潔)は2018年4月3日、人工知能(AI)を活用した自動運転技術に関するソリューションの提供も視野に入れ、グループ各社で進めて...