高齢者

2019年度補正予算案、モビリティ関連は?サポカー補助金など閣議決定

政府は2019年度の補正予算案を2019年12月13日に閣議決定した。4兆4722億円の追加歳出を計上する形となり、この中にはモビリティ関連の予算も含まれている。高齢者の運転支援などに関するものだ。 閣議決定された補正予算案の...

読者の声:高齢者向けに「安全装置つき限定免許」を 免許返納前のワンクッション...

先日、自動運転時代の免許制度について「運転免許に新たな種別「自動運転車限定」、いずれ来る未来?」というコラムを公開したが、この記事に対して多くの読者からコメントを頂いた。 その中で多かったのが、高齢者が運転するときでも安心の「...

超小型モビリティが、高齢者の移動に革新をもたらす

シェアリングサービスの普及とともに、超小型モビリティやマイクロモビリティへの注目度が年々高まっている。これらの新モビリティは取り回しが容易で扱いやすく、導入コストも低く抑えることができるため、シェアサービスとして導入しやすいようだ。...

とどのつまり、国は地方交通の課題をどう解決するのか?MaaSや自動運転、AI...

日本では少子高齢化による人口減少が本格化し、高齢者の運転免許返納も年々増加している。そのため地方では運転者不足が深刻化し、乗合バス事業の収支も赤字状態で公共交通の維持が困難となっている。こうした状況を受け、国や地方自治体はこうした課...

「自動運転車」8位!2020年のヒット予想、博報堂グループによる調査

博報堂グループのシンクタンク「博報堂生活総合研究所」(所在地:東京都港区/所長:石寺修三)は2019年10月31日までに、「生活者が選ぶ『2020年ヒット予想』ランキング」を発表した。このランキングの中で「自動運転システム搭載車」が8位にラ...

低速モビリティでMaaS実現!ヤマハ発動機と三井住友海上などがタッグ

ヤマハ発動機と三井住友海上火災保険、リスク管理事業へのコンサルティングを手掛けるMS&ADインターリスク総研の3社は2019年10月28日、低速モビリティ(ランドカー)の実証実験や公道走行時のリスクマネジメントに関する協定の締結に合...

MaaSアプリのカスタマーサポート、私達が請け負います!ヴァル研究所が報道発...

経路検索サービスを手掛ける株式会社ヴァル研究所(本社:東京都杉並区/代表取締役:菊池宗史)は2019年7月31日、カスタマーサポート事業などを展開するアディッシュプラス株式会社(本社:沖縄県那覇市/代表取締役:石川琢磨)と業務提携し...

免許返納後の足に!JTB、群馬県明和町で定額制タクシーの実証実験

株式会社JTB(本社:東京都品川区/代表取締役社長:髙橋広行)と明和町社会福祉協議会は、群馬県明和町在住の70歳以上の高齢者を対象に、タクシー乗り放題サービス「毎月、ご都合のよい7日間が乗り放題の定期券型タクシー」の実証実験を行うと...

定額・相乗りタクシーの普及は、高齢者の事故減少につながる

定額タクシーや相乗りタクシーなど、タクシー業界では新たな形態のサービス提供に向けた実証実験などが続く。こうした取り組みによってタクシーがより利用しやすくなれば、地域によってはクルマを運転しない高齢者が増え、結果的に高齢者の事故も減るかもしれ...

運転免許、車載AIカメラによる減点制で剥奪しては? 自動運転社会までの過渡期...

高齢者による自動車事故が日々ニュースで取り上げられている。高齢ドライバーの免許証の返納に関して世論の関心が高まるが、一方で、高齢者以外の若い世代も痛ましい事故を起こしているのが日本の現実だ。 加齢による身体的な能力の低下や判断...