離発着場

空飛ぶクルマの離発着場、呼称は日本でも「バーティポート」

国土交通省が「空飛ぶクルマの制度整備に関する検討状況」という資料を公開している。 現在、2025年の大阪・関西万博における空飛ぶクルマの実現に向け、「空の移動革命に向けたロードマップ」に基づいた制度整備を検討している。検討項目...

空飛ぶ車、ドバイで「マンション屋上に離発着場」が必須に?

アラブ首長国連邦(UAE)のドバイでこのほど、「次世代型エアモビリティ統合センター」が開設された。この施設では「空飛ぶクルマ」と形容されるeVTOL(電動垂直離着陸機)の飛行テストなどを民間企業が実施することができるという。 ...

バーティポートとは?「空飛ぶクルマ」の離着陸場

最近、空飛ぶクルマ関連のニュースで「バーティポート」というキーワードをよく目にする。空飛ぶクルマの機体開発を進める企業が目立つなか、空飛ぶクルマのインフラに注目して業を展開する企業も増えている。この記事ではバーティポートとはいったい...

空飛ぶタクシー、「日本最初の駅」は大阪港など3駅濃厚

2025年開催予定の大阪・関西万博において、空飛ぶタクシーの離発着場が「桜島」「大阪港」「夢洲」に設置されそうなことが、このほど明らかにされた資料から判明した。日本最初の空飛ぶタクシーの「駅」となりそうだ。 以下の図は、「空飛ぶクルマ...

空飛ぶクルマの離発着場、「日本版」標準化の動き

空飛ぶクルマの普及のためには、「離発着場」が必要不可欠だ。空飛ぶクルマを開発する株式会社SkyDrive(本社:愛知県豊田市/代表取締役CEO:福澤知浩)は2022年6月20日までに、建設コンサルタント大手の長大、ゼネコン大手の大林...

空飛ぶクルマの離発着地「1万㎡程必要」 石川県で検証

デジタル人材育成機関の株式会社デジタルカレッジKAGA(所在地:石川県加賀市)は2022年6月3日までに、人が実際に「空飛ぶクルマ」で飛行するルートの検証を、石川県加賀市においてパラモーターを使って実施したことを発表した。 パ...

パーク24、空飛ぶクルマの「空港」設置へ 関西で新事業

空飛ぶクルマの「バーティポート」(離発着場)、いわゆる空港的インフラ設備の開発に向け、日本国内外の4社が業務提携の覚書を締結し、タッグを組んだ。 覚書の締結が発表されたのは2022年5月27日。4社は、駐車場最大手のパーク24...

空飛ぶクルマ、必要インフラ一覧(2022年最新版)

空飛ぶクルマ実用化に向けた機運が高まりを見せている。主体となるeVTOL(電動垂直離着陸機)の開発に注目が集まりがちだが、近年はインフラ整備に参入する企業も相次いでおり、開発の裾野がどんどん広がっている印象だ。 この記事では、...

空飛ぶクルマとドローン物流、「離発着場」という裾野産業に商機

総合商社の兼松株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長:谷川薫)と空飛ぶクルマの社会実装に取り組む英Skyportsは2021年5月9日までに、業務提携を拡大する覚書を締結したことを発表した。 空飛ぶクルマと言えば「機体開発...

空飛ぶクルマの事業化は2020年代 官民評議会でロードマップ素案

国土交通省と経済産業省は2018年11月16日、有識者や企業と両省の関係者で構成される「空の移動革命に向けた官民協議会」を開催し、「空飛ぶクルマ」の実用化に向けたロードマップの素案を提示した。 目指すは”空飛ぶクルマ”実現...