配車アプリ に関する記事

自動運転車、2030年には世界で1800万台 関連サービス市場22兆円に

米市場リサーチ会社のフロスト&サリバンは2018年11月22日、自動運転車市場の世界見通しを発表し、自動運転レベル3(条件付き運転自動化)以上の技術が搭載された自動運転車が2030年までに1800万台に到達するという予測を明らかにし...

米ニューヨークのタクシー、通勤・帰宅ラッシュ時に運賃半額プロモ ライドシェア...

米ニューヨークのタクシーがウーバーなどのライドシェアサービスに対抗するため、通勤・帰宅ラッシュ時に郊外とマンハッタン区を結ぶルートの運賃を半額にするという驚愕のキャンペーンを開始した。日本では運賃規制があり、なかなかこうした顧客獲得...

早く来たTaxiだけに乗車 配車アプリ複数使う”裏技”...

複数の配車アプリを使ってタクシーを呼び、一番早く到着したタクシーに乗って他はキャンセル——。日本国内でタクシー配車アプリの数が増える中、こうした使い方をするユーザーが目立つようになり、タクシー業者が悲鳴をあげている。 デン...

大和自動車交通、売上高3.1%増の84億円 WEBタクなどの新施策に積極姿勢...

タクシー事業を展開する大和自動車交通株式会社(本社:東京都江東区/ 代表取締役社長:前島忻治)は2018年11月12日、2019年度3月期の第2四半期決算を発表した。 デンソーテン販売、タクシー配車アプリのシステムAPIを...

みんなのタクシーの後部座席広告事業、ベクトルがパートナーに 東京都内の約1万...

タクシー配車事業を開発するみんなのタクシー株式会社(本社:東京都台東区/代表取締役:西浦賢治)は2018年11月8日までに、総合PR会社大手の株式会社ベクトル(本社:東京都港区/代表取締役:西江肇司)と、タクシー車両における後部座席...

【インタビュー】タクシー相乗りアプリ開発、「駅の行列」きっかけ NearMe...

コストシェア型のライドシェアやタクシー配車アプリなど、日本で「移動」に関するさまざまな新サービスが盛り上がりを見せるなか、同じ方向に向かう人同士でタクシーに相乗りする、という新たなアプローチでアプリを展開している企業がある。楽天出身...

中国の「トラック版ウーバー」、近く1000億円規模の資金調達か ソフトバンク...

中国のトラック配車アプリ最大手の満幇集団(フル・トラック・アライアンス・グループ)が近く、10億ドル(約1100億円)規模の資金調達を実施する見込みとなっている。報道などによれば、日本のソフトバンクや中国のテンセントと交渉中とされて...

韓国カカオにタクシー業界が憤慨 配車サービスに続くライドシェア事業参入で

韓国のインターネットサービス大手のカカオは2018年11月5日までに、自家用車ライドシェアサービスの「カカオプールサービス」を開始すると発表し、ドライバーを募集していることが明らかになった。この発表を受け、韓国のタクシー業界からカカ...

ブッキングHD、東南アジアのライドシェア・配車大手グラブに220億円出資

オンライン宿泊予約サイト「Booking.com」を運営するブッキング・ホールディングス(本社:オランダ)が2018年11月4日までに、シンガポールの配車・ライドシェアサービス大手のGrab(グラブ)へ出資を行い、戦略的資本提携を結...

デンソーテン販売、タクシー配車アプリのシステムAPIを開発 大和自動車交通も...

デンソーテン子会社の株式会社デンソーテン販売(本社:兵庫県神戸市/代表取締役社長:佐藤裕彦)は2018年11月4日までに、タクシーの配車アプリを日本と海外で相互利用ができるシステムAPI(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)...