都道府県

Uber Eats 配達パートナーの稼働可能エリアは?都道府県・市町村別

フードデリバリーサービスの代表的存在であるUber Eats(ウーバーイーツ)。デリバリーを担う配達パートナーがあってこそ成り立つサービスだ。 現在Uber Eats では配達パートナーを募集中だ。稼働可能なエリアのほ...

Wolt(ウォルト)配達パートナーの稼働可能エリアは?都道府県・市町村別

かなり浸透してきたフードデリバリーサービス。フードデリバリー大手「Wolt(ウォルト)」では、料理のほか食料品や日用品のデリバリーも行っており、そのデリバリーを担う配達パートナーを随時募集中だ。 では配達パート...

自動運転、シニアの利用意向は「ネット利用時間」と相関関係

シニアを対象とした調査で、インターネット利用時間が長い人ほど、自動運転の利用意向が高いことが判明した。この調査を行ったのは、NTTドコモの社会科学系の研究所であるモバイル社会研究所だ。 調査によれば、インターネット利用時間が「...

自動運転、2024年度に一般道20カ所以上で通年運行 政府目標

日本政府は2024年度、一般道20カ所以上で自動運転サービスを通年運行させる計画だ。 自動運転については、2025年度をめどに50カ所程度、2027年度には100カ所以上実現するという目標がある。国土交通省が2023年10月に...

自動運転で岸田首相「2025年めどに全都道府県で社会実験」

岸田文雄首相は2023年1月23日、第211回国会における施政方針演説を行った。自動運転レベル4が正式に解禁される2023年、政府はどのような方針のもと政策を進めていくのか。 岸田首相は、前年に続き演説の中で自動運転に言及した...

官民連携で取り組み加速!【最前線「自動運転×スマートシティ」 第2回】

国の音頭のもと、スマートシティ化に向けた取り組みが全国で加速している。取り組みの多くは交通課題の解決に向けた事業を盛り込んでおり、MaaS(Mobility as a Service)をはじめ自動運転技術の導入を目指す動きも活発だ。...

「空飛ぶクルマ」革命、やる気に満ちた都道府県が構想を発表へ

渋滞を避けた通勤や輸送、山間部や離島での移動…。「空飛ぶクルマ」が実用化されれば、今まであった複数の課題が一気に極小化することが期待されている。だから政府も空飛ぶクルマの実現に向けては積極姿勢を示している。 そんな中で経済産業...