遠隔

100円自動運転サービス、あの町長(工学部卒)の街で開始!

福井県永平寺町が2020年12月22日から、遠隔型自動運転システムによる無人自動運転移動サービスの試験運行を開始する。経済産業省が発表した。利用料金は大人が1回100円、子供が1回50円だ。 この試験運行は、福井県永平寺町が「...

自治体×自動運転バス、定常運行「国内初」は茨城県境町!BOLDLYとマクニカ...

移動に関するさまざまな課題を抱える自治体は多い。高齢化地域では免許返納後の住民の足が課題となっているものの、頼りの公共バスも赤字続きで廃止となるケースもある。こうした課題の解消につながると期待されているのが自動運転バスだ。 こ...

自動運転化で「免許制度」は無くなる?レベル4までは必ず必要に

自動運転車が販売されるようになると「運転免許」は必要なくなるのだろうか。今回はこの点について考えてみたい。 自動運転レベルは0〜5の6段階ある。このうちAI(人工知能)が「どこでも」自動運転してくれるのは「自動運転レベル5」の...

都心に無人の「5G自動運転タクシー」君臨!一般の予約客も乗せ実証実験

自動運転はすでに遠い未来の話ではなく、自動運転タクシーの商用サービスが始まっているアメリカだけの話でもない。「西新宿」を舞台にした5G自動運転タクシーの実証実験が2020年11月5〜8日にかけて実施される。特に都民は大注目の実験だ。...

自動運転×XR技術!大阪の万博記念公園で遠隔観光案内サービス

凸版印刷とシステム開発大手のTISは、2020年10月23日から大阪府吹田市の万博記念公園で実施される自動運転の実証実験に参画し、遠隔コミュニケーションサービス「TeleAttend(テレアテンド)」を活用した遠隔観光案内サービスを...

AI自動運転の”裏方”を「ソフトバンク」が牛耳る日 ...

ソフトバンク子会社のSBドライブ株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長:佐治友基)が開発した「Dispatcher」の存在感が高まっている。 Dispatcherとは、ドライバーの代わりに自動運転バスの運行状態を遠隔管理・...

SBドライブ、自動運転領域で香港PerceptInと協業 運行実証を実施へ

自動運転開発企業のSBドライブ株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長:佐治友基)は2020年1月21日までに、香港に本社を構えるPerceptIn(パーセプティン)社と協業すると発表した。 SBドライブ側の今回の目的は、自...

ついに「ハンドルなし」のAI自動運転実証へ、米GMが初認可の獲得濃厚

どうやらいよいよ「ハンドルなし」の自動運転車の公道実証が、来年2020年にアメリカ国内でスタートすることになりそうだ。米ロイター通信などの報道によれば、米自動車大手GM(ゼネラル・モーターズ)による申請を米当局が認可する見通しとなっていると...

バス停の待ち人数に合わせ、自動運転バスの出発時間を最適化

バスの待ち人数などをセンサーで把握して出発時間を最適化し、さらに運行は自動運転バスが担う——。こうした仕組みを導入した実証実験が、神奈川県相模原市にある複合レジャー施設「さがみ湖リゾート・プレジャーフォレスト」で2019年11月25...

パナソニック、広い本社で自動運転ライドシェアサービス!社員向けに提供

電機大手のパナソニック株式会社(本社:大阪府門真市/代表取締役社長:津賀一宏)は2019年10月17日、本社エリアで社員向けの自動運転ライドシェアサービスをスタートさせたことを発表した。 パナソニックの社員は広い敷地内のさまざ...