認識技術 に関する記事

AI自動運転車に認識されないリスク「黒人の方が高い」

黒人だと自動運転車に検知されない可能性が高まる——。米ジョージア工科大学の研究者らが2019年3月10日までに、自動運転車に搭載されたAI(人工知能)は黒い肌をした人のことを検知しずらく、白人などよりも歩行者だと認識できない可能性が...

米エヌビディア、「自動運転レベル2+」の分類追加を提案

米エヌビディアは現在、自動運転レベル2以上3未満の「自動運転レベル2+」という新たな分類を提案している。 普及が進む自動運転レベル2(部分運転自動化)では、交通事故の軽減などに一定の効果はあるものの、自動運転実現にはまだ遠い状...

中・長距離の自動運転出庫システムを開発 クラリオンと日立オートモティブ

カーナビ事業などを手掛けるクラリオン(本社:埼玉県さいたま市/執行役社長兼CEO:川端敦)は2019年1月13日までに、自動車の自動遠隔出庫システム「ロング・レンジ・サモン」を開発したと発表した。 発表によれば、入庫時にシステ...

【最新版】自動運転に必須の7つの先端技術 認識・予測技術や位置特定技術、AI...

自動運転車の開発・実現に欠かせない必要な先端技術は、大きく分けて7種類あると言われている。この記事では、位置特定技術や認識技術、AI技術、予測技術、プランニング技術、運転手モニタリング技術、通信技術について、それぞれの技術が必要な理...

Audiと提携する米半導体大手オンセミ、自動運転コア技術LiDARで新たに企...

米半導体メーカーのオン・セミコンダクター(ON Semiconductor)社は2018年5月10日、自動運転車に使われるレーザーセンサー「LiDAR」(ライダー)製品などを手掛けるアイルランドのSensL Technologies...

デンソーと覇権争う独ボッシュ、米シリコンバレーに自動運転・AIの新開発拠点

自動運転車の部品・技術開発も手がけるドイツのボッシュ社は2018年4月、自動運転やAI(人工知能)、センサーなどの開発を進める技術研究センターを、新たに米シリコンバレーの中心地域にあるサニーベルに開所したと発表した。報道発表によると...

周辺環境を把握するLiDARの信頼性向上 自動運転向け技術で東芝デバイス&ス...

東芝グループの東芝デバイス&ストレージ株式会社(本社・東京都港区/代表取締役・福地浩志)は4月16日、自動運転実現に必要な技術の一つである「LiDAR」(レーザーレーダー)について、長距離間での測定においてデータの信頼性を高める計測...

パイオニア社の走行空間センサー、NVIDIAの自動運転用ソフトウェア開発キッ...

日本の電機メーカー大手のパイオニア株式会社(本社・東京都文京区/代表取締役・小谷進)は4月2日、遠くにある物体まで距離や物体サイズを測定・検出する同社開発の走行空間センサー「3D-LiDAR」が、半導体大手の米エヌビディア社が手掛け...

【最新版】自動運転車、英語で何と呼ぶ? 技術用語やキーワードの英語表記も紹介...

自動運転技術は日本を含む世界各国で開発競争が繰り広げられている。自動運転レベルはアメリカの自動車技術会(SAE)の基準が世界標準になっていることもあり、日本のニュースでもカタカナ英語で技術用語やキーワードが伝えられることも多い。この...

仏部品大手ヴァレオ、自動運転キーデバイス「レーザースキャナー」で表彰

取引先に世界の完成車メーカーを有するフランスの自動車部品大手サプライヤー「Valeo(ヴァレオ)」は2018年4月10日、高度な自動運転レベルを実現するためのキーデバイスとなるレーザースキャナーについて、同社製品がアメリカの自動車専...