認識技術

韓国StradVision、「疑似LiDAR」量産へ!自動運転車向け、単眼カ...

自動運転車両向けの物体認識AIソフトウェアを開発する韓国のStradVision(ストラドビジョン)が、LiDARの代替技術として「疑似LiDAR」を開発していることが、2021年10月22日までに明らかになった。 ■「疑...

いすゞは欲しい!年収1,000万円で自動運転エンジニアを

いすゞ自動車の2021年3月31日時点での平均年収は759万円だ。しかし、800万〜1,000万円の給与を支払う条件で、ある仕事を担当する正社員を募集している。その仕事が「自動運転に関する走行環境の認識技術開発」、つまり自動運転向け...

自動運転特許出願、日本2万超!2014〜18年、米中抜き世界最多

特許庁はこのほど、「自動運転」や「MaaS」に関連する特許出願技術の動向について、2020年度における調査結果をまとめた。 特許出願技術動向調査は、企業や大学、研究機関などが開発戦略や知的戦略を策定するために、世界中の特許情報を分析し...

自動運転に必須の7技術まとめ!位置特定技術、AI技術、予測技術など

日本国内では自動運転レベル3(※国の呼称で言うところの「条件付自動運転 ※限定領域」)が2020年4月に解禁され、2021年3月にはホンダが市販車としてレベル3搭載車も発売した。 そんな自動運転技術の開発で欠かせない先端技術は...

自動運転とは?技術や開発企業、法律など徹底まとめ!

自動運転タクシーの商用サービス提供がアメリカで既に始まり、セーフティドライバーすら乗らないスタイルでの運行も、すでに珍しくない状況となっている。日本国内においても技術開発の高度化とともに法整備も進み、2020年4月には自動運転レベル...

ホリエモン、タクシー広告を大絶賛「なんでUberやんねぇんだ」 自動運転化で...

「ホリエモン」こと堀江貴文氏は自身の公式YouTubeチャンネルで2019年9月8日に動画を公開し、この動画の中でタクシー向けやライドシェア向けの車内広告の有望性に言及した。 動画では女優の寺田有希さんが「タクシーって結構やることない...

AI自動運転車に認識されないリスク「黒人の方が高い」

黒人だと自動運転車に検知されない可能性が高まる——。米ジョージア工科大学の研究者らが2019年3月10日までに、自動運転車に搭載されたAI(人工知能)は黒い肌をした人のことを検知しずらく、白人などよりも歩行者だと認識できない可能性が...

米エヌビディア、「自動運転レベル2+」の分類追加を提案

米エヌビディアは現在、自動運転レベル2以上3未満の「自動運転レベル2+」という新たな分類を提案している。 普及が進む自動運転レベル2(部分運転自動化)では、交通事故の軽減などに一定の効果はあるものの、自動運転実現にはまだ遠い状...

中・長距離の自動運転出庫システムを開発 クラリオンと日立オートモティブ

カーナビ事業などを手掛けるクラリオン(本社:埼玉県さいたま市/執行役社長兼CEO:川端敦)は2019年1月13日までに、自動車の自動遠隔出庫システム「ロング・レンジ・サモン」を開発したと発表した。 発表によれば、入庫時にシステ...

Audiと提携する米半導体大手オンセミ、自動運転コア技術LiDARで新たに企...

米半導体メーカーのオン・セミコンダクター(ON Semiconductor)社は2018年5月10日、自動運転車に使われるレーザーセンサー「LiDAR」(ライダー)製品などを手掛けるアイルランドのSensL Technologies...