規制

米政府、自動運転開発のガイドライン「AV 4.0」を発表 CES 2020の...

アメリカ政府は米ラスベガスで開催中の世界最大の技術見本市「CES 2020」において、アメリカにおける自動運転開発の新たなガイドラインとなる「Automated Vehicles 4.0」(AV 4.0)を発表した。米政府のチャオ運...

ハイブリッドバイク、人力モード中は「自転車」 規制停止で実証実施、ラストワン...

「ハイブリッドバイク」をご存じだろうか。「人力モード」と「電動モード」の切り替えやその両モードを併用しての走行が可能な電動マイクロモビリティで、自転車置き場にも駐車可能なコンパクトな車体であることなどから、公共交通機関から自宅や目的...

電動キックボード、国が「規制の一時停止」認定 モビリティ分野で初、Luupに...

電動キックボードのシェアリング事業に取り組んでいる株式会社Luup(本社:東京都渋谷区/代表取締役社長:岡井大輝)の実証計画が、2019年10月20日までに国の「新技術等実証制度」(規制のサンドボックス制度)において認定された。 この...

電動キックボード、普及なるか!?Luupが実証実験続々 ラストワンマイルでの...

電動キックボードのシェアサービス事業に取り組む株式会社Luup(本社:東京都渋谷区/代表取締役社長:岡井大輝)が、精力的に実証実験に取り組んでいる。 最近の取り組みとしては、愛知県岡崎市で行われたお祭りの会場で実施した試乗会が...

ルールを一時停止!自動運転は「規制の砂場」制度で劇的進化を遂げる

自動運転技術の進展には実証実験が不可欠だ。その実証実験の実施を妨げるさまざまな規制があると、技術の進化の「足かせ」となることがある。 しかし実はいまの日本にはこの足かせを一時停止する制度がある。2018年度に始まった「規制のサ...

スイスで人気!「お1人様」自動車、シェアリング大流行の予兆

移動手段のシェアリングサービスとしては、「自動車」(カーシェア)や「自転車」(サイクルシェア)が既に普及しつつある。そして次なるブームとして期待されているが「電動キックボード」で、規制緩和に向けた議論も日本で盛り上がりつつあり、実証...

電動キックボードを展開する企業まとめ ラストワンマイル埋める切り札

「ラストワンマイル」を担うパーソナルモビリティとして世界で注目を集めている電動キックボードのシェアリングサービス。利便性に優れたモビリティとして瞬く間に欧米で普及が進んでいる。 その一方でトラブル事例も多く報告されており、法整...

ライドシェアとカーシェアの違いは? メリットとデメリットは?

ICT技術などを駆使し、遊休資産の活用を図るシェアリング・エコノミー。自動車関連では、カーシェアとライドシェアがメジャーな存在だ。 同分野のシェアリングサービスだが、それぞれどのような特徴があり、どのような違いがあるのか。両者のメリッ...

ライドシェアの主なトラブル事例・問題・事件まとめ

解禁の是非が問われ続ける有償ライドシェア。現状、海外でも賛否が分かれる一方、その市場規模は大きな伸びを見せ続けている。 社会認知度と受容性の高まりが市場に反映された結果だが、それではなぜライドシェアは解禁されないのか。反対論者...

【保存版】ライドシェアとは?日本での規制と特区制度まとめ

国内では依然として事実上禁止されている「有償ライドシェア」。業界団体や一部の自治体が反対を表明する一方、新経済連盟のように規制撤廃を働きかける動きや、実証実験に取り組む企業・自治体の姿も散見されるようになった。 日本国内におけ...