製造業

車以外の8業種は「自動運転」「MaaS」にこう切り込もう!

異業種参入が相次ぐ自動運転やMaaS(Mobility as a Service)業界。近未来の巨大産業目掛け、自社のビジネスと未来のモビリティをどのように結び付けることが可能か模索する動きが広がっている。 その象徴の1つがM...

トヨタ下請け企業の業種、「ソフト開発」が「部品製造」を抜く

自動車業界が自動運転業界へのシフトを強める中、下請け企業の構造も変わりつつあるようだ。帝国データバンクが2019年3月に発表した最新の「トヨタ自動車グループ」下請企業調査によると、一次下請け・二次下請けともに非製造業部門の「受託開発...

AI学習のアイデミー、製造業エンジニア向けに自動運転AIプログラミング研修を...

AI(人工知能)エンジニア志望者向けのオンライン学習サービスを手掛ける株式会社アイデミー(本社:東京都文京区/代表取締役CEO:石川聡彦)は2019年3月6日までに、ビッグデータ分析企業の株式会社ユーザーローカルと協業し、製造業エン...

日本は中国を見習うべきか…自動運転の環境整備、躊躇一切なし

米国を中心にポールポジション争いが今なお続く自動運転開発レース。しかし近年、中国がものすごい勢いで台頭し、米国の座を脅かし始めている。 国家主導のもと大胆な施策で自動運転社会の未来像を手繰り寄せている中国。一方で日本はどうか。...

大分のAPC社、「目視の自動化」技術を展示 重機の自動運転化にも応用化

製造業向けを中心にソリューション提供している株式会社APC(本社:大分県大分市/代表取締役:佐藤隆己)は、空間・環境認識や物体認識を行う「目視の自動化」技術を、2019年2月6日から3日間、東京ビッグサイトで開催される「ものづくりA...

茨城に「AIが自動運転を学ぶ学校」誕生!自動車学校跡地を活用 センスタイム日...

自撮りアプリ「SNOW」のAI(人工知能)顔認識技術などを手掛けるセンスタイム(本社:香港)の日本法人は2019年1月10日、茨城県常総市で自動車学校の跡地を活用したテストコース「AI・自動運転パーク」を開設したと発表した。 ...

IT事業手掛けるSCSKの純利益が倍に 4〜6月期決算、自動運転などの車載シ...

システム開発やITマネジメントを手掛けるSCSK株式会社(本社:東京都江東区/代表取締役 会長:田渕正朗)は2018年7月30日、同年4〜6月期の連結決算を発表した。製造業や流通業を中心に自動運転などに対するためのシステム開発の受注...

日本の研究開発費トップ10、全企業がAI自動運転に関与 日経調査

日本経済新聞社がまとめた2018年度の「研究開発活動に関する調査」で、主要企業の43.9%が過去最高の研究開発費を計上していることが分かった。とりわけ上位10社全てがAI(人工知能)や自動運転の開発に携わっており、製造業における研究...