自動運航船

自動運転に自賠責?国交省の基本政策懇談会、話し合われたことは?

国土交通省はこのほど、同省が研究開発すべき課題や実施すべき施策などを議論する「国土交通技術行政の基本政策懇談会」において新たに取りまとめた結果を発表した。2018年の中間取りまとめ、2020年のセカンドステージ取りまとめに次ぐ、サー...

自動運転船、国の実用化目標は「2025年」!要素技術の開発加速

自動運航船の実用化に向けた取り組みが着々と進んでいるようだ。沖電気は2021年6月、遠隔監視・遠隔操船に向け海上・港湾・航空技術研究所と共同研究契約を結んだと発表した。 国土交通省海事局が公表している「自動運航船の実用化に向け...

自動運転領域で鍛えたSenseTimeのAI画像認識、船の見張りで応用

AI(人工知能)画像認識を得意とする香港企業センスタイムの日本法人は2019年9月13日、自動車の自動運転で開発した技術を応用し、新たな船舶画像認識・記録システムの実証実験を開始したと発表した。 同システムはセンスタイムと商船...

陸海空×モビリティ、政府戦略の全容!自動運転車、自動運航船、空飛ぶクルマ…

サイバー空間と現実空間を高度に融合させたシステムにより、経済発展と社会的課題の解決を両立する人間中心の社会「Society 5.0」。日本が目指すべき未来社会の姿として提唱されたもので、少子高齢化に対応し持続的な経済成長を成し遂げる...

国土交通省、陸海空の自動運転最新情報を紹介 東京都内でフォーラム、自動運航船...

国土交通省は2018年10月17日、第3回「交通運輸技術フォーラム」を東京都内で開催し、陸海空における自動運転関連の最新の取り組み状況や、衛星を活用した測位技術について紹介する。 フォーラムでは、自動運転の実現に向けた技術開発...